カテゴリ:

Account Usageテーブル関数テーブル関数

TAG_REFERENCES_WITH_LINEAGE

指定されたタグとタグが関連付けられたSnowflakeオブジェクトの関連付けを各行に表示するテーブルを返します。

関連付けられたタグとSnowflakeオブジェクトは、オブジェクトへの直接関連付けとタグ系統経由の両方の結果です。

構文

TAG_REFERENCES_WITH_LINEAGE( '<name>' )

引数

'名前'

タグの完全修飾名。

完全修飾名では、タグの親タグデータベースとタグスキーマを次の形式で指定する必要があります。

<タグデータベース>.<タグスキーマ>.<タグ名>

使用上の注意

  • 結果は、指定されたオブジェクトにアクセスできるロールに対してのみ返されます。

  • Account Usageテーブル関数を呼び出すときは、セッションに使用中のAccount Usageスキーマが必要です。詳細については、 アカウントの使用 をご参照ください。

出力

この関数は、次の列を返します。

データ型

説明

TAG_DATABASE

TEXT

タグが設定されているデータベース。

TAG_SCHEMA

TEXT

タグが設定されているスキーマ。

TAG_ID

NUMBER

タグの内部/システム生成識別子。

TAG_NAME

TEXT

タグの名前。これは、タグの key = 'value' ペアにある key です。

TAG_VALUE

TEXT

タグの値。これは、タグの key = 'value' ペアにある 'value' です。

LEVEL

TEXT

タグが設定されているオブジェクトドメイン。

OBJECT_DATABASE

TEXT

データベースおよびスキーマオブジェクトの参照オブジェクトのデータベース名。オブジェクトがデータベースまたはスキーマオブジェクトでない場合、値は空です。

OBJECT_SCHEMA

TEXT

参照オブジェクトのスキーマ名(スキーマオブジェクトの場合)。参照オブジェクトがスキーマオブジェクト(例: ウェアハウス)でない場合、この値は空です。

OBJECT_ID

NUMBER

オブジェクトの内部/システム生成識別子。

OBJECT_NAME

TEXT

タグの関連付けがオブジェクト上にある場合は、参照オブジェクトの名前。

OBJECT_DELETED

TIMESTAMP_LTZ

関連するオブジェクトまたは列がドロップされた日時、または親オブジェクトがドロップされた場合はその日時。

DOMAIN

TEXT

タグの関連付けがオブジェクト上にある場合は、参照オブジェクト(例: テーブル、ビュー)のドメイン。タグの関連付けが列にある場合、ドメインは COLUMN です。

COLUMN_ID

NUMBER

列の内部/システム生成識別子。

COLUMN_NAME

TEXT

参照列の名前。タグの関連付けが列でない場合は適用されません。

cost_center タグのタグ関連付けのリストを取得します。

select *
  from table(snowflake.account_usage.tag_references_with_lineage('my_db.my_schema.cost_center'));