カテゴリ:

情報スキーマテーブル関数

WAREHOUSE_METERING_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の単一のウェアハウス(またはアカウント内のすべてのウェアハウス)の時間単位のクレジット使用状況を返すクエリで使用できます。

注釈

この関数は、過去6か月以内のクレジット使用状況を返します。

こちらもご参照ください:

WAREHOUSE_LOAD_HISTORY

構文

WAREHOUSE_METERING_HISTORY(
      DATE_RANGE_START => <constant_expr>
      [ , DATE_RANGE_END => <constant_expr> ]
      [ , WAREHOUSE_NAME => '<string>' ] )

引数

必須:

DATE_RANGE_START => 定数式

ウェアハウスの使用状況が返される、過去6か月以内の開始日です。

オプション:

DATE_RANGE_END => 定数式

ウェアハウスの使用状況が返される、過去6か月以内の終了日です。

デフォルト: CURRENT_DATE が使用されます。

WAREHOUSE_NAME => '文字列'

クレジット使用状況を取得するウェアハウスの名前です。ウェアハウス名は一重引用符で囲む必要があります。また、ウェアハウスがスペース、大文字と小文字、または特殊文字に名前を付ける場合、名前は二重引用符を一重引用符内で囲む必要があります(例: '"My Warehouse"''mywarehouse')。

デフォルト:指定された日付範囲内に実行されたすべてのウェアハウスです。

使用上の注意

  • ACCOUNTADMIN ロールまたは MONITOR USAGE グローバル権限が明示的に付与されているロールの結果のみを返します。

  • 情報スキーマテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 情報スキーマ をご参照ください。

  • 引数の順序と構造は、引数キーワード(例: DATE_RANGE_START)が含まれるかどうかによって異なります。

    • 引数が順番に指定されている場合、キーワードは不要です。

    • 引数キーワードが含まれている場合、引数は任意の順序で指定できます。

出力

この関数は、 WAREHOUSE_NAME および START_TIME で順序付けされた以下の列を返します。

列名

データ型

説明

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

このウェアハウスの使用が行われた開始時間です。

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

このウェアハウスの使用が行われた終了時間です。

WAREHOUSE_NAME

TEXT

ウェアハウスの名前。

CREDITS_USED

NUMBER

この時間にこのウェアハウスに対して請求されたクレジットの数です。

CREDITS_USED_COMPUTE

NUMBER

時間内にウェアハウスに使用されたクレジットの数。

CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES

NUMBER

時間内にクラウドサービスに使用されたクレジットの数。

この期間に実行されたすべてのウェアハウスについて、過去10日間の1時間ごとのウェアハウス使用量を取得します。

select *
from table(information_schema.warehouse_metering_history(dateadd('days',-10,current_date())));

指定した日付の testingwh ウェアハウスの1時間ごとのウェアハウス使用状況を取得します。

select *
from table(information_schema.warehouse_metering_history('2017-10-23', '2017-10-23', 'testingwh'));