データの管理

Snowsight, the Snowflake web interface の Data area を使用すると、Snowflakeデータを操作できます。

  • テーブル、関数、ビューなどを含むデータベースとオブジェクトを探索します。

  • 他のアカウントとデータを共有し、自身と共有されているデータにアクセスします。

  • Provider Studioを使用して、Snowflakeデータプロバイダーとしてのエクスペリエンスを管理します。

このセクションでは、 Data area の使用方法の概要を説明します。このセクションには、次のインターフェイス要素の例と説明が含まれています。

インターフェイス

説明

For assistive technology, the database object explorer is rendered as a collection of buttons. The buttons are labeled with database and object names.

データベースオブジェクトエクスプローラー

左側のナビゲーションの横にある データベースオブジェクトエクスプローラー を使用すると、データベースの内容にドリルダウンできます。データベースオブジェクトは、各スキーマの下でタイプ別に編成されています。

データベースまたはオブジェクトの詳細を表示するには、データベースオブジェクトエクスプローラーでアイテムを選択します。 Snowsight では、次の詳細が提供されています。

次のトピック:

最上部に戻る