カテゴリ:

半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

ARRAY_APPEND

ソース配列のすべての要素と新しい要素を含む配列を返します。新しい要素は配列の最後にあります。

こちらもご覧ください:

ARRAY_INSERTARRAY_PREPEND

構文

ARRAY_APPEND( <array> , <new_element> )

引数

配列

ソース配列です。

新しい要素

追加する要素です。この要素は、ほとんどすべてのデータ型の可能性があります。データ型は、配列内の既存の要素のデータ型と一致する必要はありません。

戻り値

返される値のデータ型は ARRAY です。

これは、( ARRAY_CONSTRUCT 関数を使用して)配列を構築し、その配列に追加する簡単な例です。追加される要素は、配列内の他の要素と同じデータ型である必要はありません。

クエリを実行します。

SELECT ARRAY_APPEND(ARRAY_CONSTRUCT(1, 2, 3), 'HELLO');
+-------------------------------------------------+
| ARRAY_APPEND(ARRAY_CONSTRUCT(1, 2, 3), 'HELLO') |
|-------------------------------------------------|
| [                                               |
|   1,                                            |
|   2,                                            |
|   3,                                            |
|   "HELLO"                                       |
| ]                                               |
+-------------------------------------------------+