カテゴリ:

半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

ARRAY_CONTAINS

指定されたバリアントが指定された配列で見つかった場合、 True を返します。

構文

ARRAY_CONTAINS( <variant> , <array> )

使用上の注意

  • 入力として VARIANT と ARRAY の値を取り、 VARIANT が ARRAYに含まれている場合は True を返します。

次のクエリは、 ARRAY_CONTAINS 関数の基本的な使用法を示しています。

SELECT ARRAY_CONTAINS('hello'::variant, array_construct('hello', 'hi'));
+------------------------------------------------------------------+
| ARRAY_CONTAINS('HELLO'::VARIANT, ARRAY_CONSTRUCT('HELLO', 'HI')) |
|------------------------------------------------------------------|
| True                                                             |
+------------------------------------------------------------------+
SELECT ARRAY_CONTAINS('hello'::variant, array_construct('hola', 'bonjour'));
+----------------------------------------------------------------------+
| ARRAY_CONTAINS('HELLO'::VARIANT, ARRAY_CONSTRUCT('HOLA', 'BONJOUR')) |
|----------------------------------------------------------------------|
| False                                                                |
+----------------------------------------------------------------------+
最上部に戻る