カテゴリ:

変換関数半構造化データ関数 (キャスト)

TO_XML

VARIANT 値を、値の XML 表現を含む文字列に変換します。入力が NULLの場合、結果 もNULLです。

これは、関数の使用方法を示しています。

テーブルとデータを作成します。

CREATE TABLE xml1 (x VARIANT);
INSERT INTO xml1 (x)
  SELECT TO_VARIANT(
    '<note> <body>Sample XML</body> </note>');

2つのクエリを実行します。最初の例は TO_XML からの出力を示し、2番目の例は比較のために出力をvarcharとして示しています。

SELECT TO_XML(x) FROM xml1;
SELECT TO_VARCHAR(x) FROM xml1;

出力:

+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| TO_XML(X)                                                                                                    |
|--------------------------------------------------------------------------------------------------------------|
| <SnowflakeData type="VARCHAR">&lt;note&gt; &lt;body&gt;Sample XML&lt;/body&gt; &lt;/note&gt;</SnowflakeData> |
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
+----------------------------------------+
| TO_VARCHAR(X)                          |
|----------------------------------------|
| <note> <body>Sample XML</body> </note> |
+----------------------------------------+