カテゴリ:

半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

ARRAY_SIZE

入力配列のサイズを返します。

ARRAY_SIZE のバリエーションは、入力として VARIANT 値を取ります。VARIANT 値に配列が含まれる場合、配列のサイズが返されます。それ以外の場合、値が配列でない場合は NULL が返されます。

構文

ARRAY_SIZE( <array> )

ARRAY_SIZE( <variant> )

戻り値

返される値のデータ型は INTEGER です。

使用上の注意

  • 入力として ARRAY 値を取り、配列のサイズ(最大のインデックス+ 1)を返します。

  • NULL 引数は結果として NULL を返します。

以下に簡単な例を示します。

SELECT ARRAY_SIZE(ARRAY_CONSTRUCT(1, 2, 3)) AS SIZE;
+------+
| SIZE |
|------|
|    3 |
+------+

以下はもう少し複雑な例です。今回は VARIANT データ型を使用しています。

CREATE OR replace TABLE colors (v variant);

INSERT INTO
   colors
   SELECT
      parse_json(column1) AS v
   FROM
   VALUES
     ('[{r:255,g:12,b:0},{r:0,g:255,b:0},{r:0,g:0,b:255}]'),
     ('[{r:255,g:128,b:0},{r:128,g:255,b:0},{r:0,g:255,b:128},{r:0,g:128,b:255},{r:128,g:0,b:255},{r:255,g:0,b:128}]')
    v;

VARIANT 列の各配列のサイズを取得します。

SELECT ARRAY_SIZE(v) from colors;
+---------------+
| ARRAY_SIZE(V) |
|---------------|
|             3 |
|             6 |
+---------------+

VARIANT 列の各配列の最後の要素を取得します。

SELECT GET(v, ARRAY_SIZE(v)-1) FROM colors;
+-------------------------+
| GET(V, ARRAY_SIZE(V)-1) |
|-------------------------|
| {                       |
|   "b": 255,             |
|   "g": 0,               |
|   "r": 0                |
| }                       |
| {                       |
|   "b": 128,             |
|   "g": 0,               |
|   "r": 255              |
| }                       |
+-------------------------+