カテゴリ:

半構造化データ関数 (キャスト)

AS_TIMESTAMP_*

VARIANT 値をそれぞれの TIMESTAMP 値にキャストします。

  • AS_TIMESTAMP_LTZ (ローカルタイムゾーンのある値)

  • AS_TIMESTAMP_NTZ (タイムゾーンのない値)

  • AS_TIMESTAMP_TZ (タイムゾーンのある値)

こちらもご覧ください:

AS_<object_type>AS_DATEAS_TIME

構文

AS_TIMESTAMP_LTZ( <variant_expr> )

AS_TIMESTAMP_NTZ( <variant_expr> )

AS_TIMESTAMP_TZ( <variant_expr> )

引数

バリアント式

VARIANT型の値に評価される式です。

これは、関数の使用方法を示しています。

テーブルとデータを作成します。

CREATE TABLE multiple_types (
    binary1 VARIANT,
    date1 VARIANT,
    decimal1 VARIANT,
    time1 VARIANT,
    timestamp1 VARIANT
    );
INSERT INTO multiple_types 
     (binary1, date1, decimal1, time1, timestamp1)
   SELECT 
     TO_VARIANT(TO_BINARY('F0A5')),
     TO_VARIANT(TO_DATE('2018-10-10')), 
     TO_VARIANT(TO_DECIMAL(1.23, 6, 3)),
     TO_VARIANT(TO_TIME('12:34:56')),
     TO_VARIANT(TO_TIMESTAMP_NTZ('2018-10-10 12:34:56'))
     ;

クエリを実行します。

SELECT AS_TIMESTAMP_NTZ(timestamp1) AS "Timestamp" FROM multiple_types;

出力:

+-------------------------+
| Timestamp               |
|-------------------------|
| 2018-10-10 12:34:56.000 |
+-------------------------+