カテゴリ:

半構造化データ関数 (解析)

CHECK_XML

XML ドキュメントの有効性を確認します。入力文字列が NULL または有効な XML ドキュメントの場合、出力は NULLです。XML 解析エラーの場合、出力文字列にはエラーメッセージが含まれます。

こちらもご参照ください。

PARSE_XML

構文

CHECK_XML( <string_containing_xml> [ , <disable_auto_convert> ] )

引数

必須:

string_containing_xml

この式は VARCHAR に評価する必要があります。VARCHAR には有効な XML が含まれている必要があります。

オプション:

disable_auto_convert

PARSE_XML 関数に渡すのと同じ値を指定します。

デフォルト: FALSE

戻り値

戻り値のデータ型は VARCHAR です。

XML が有効な場合に関数の出力を表示する

SELECT CHECK_XML('<name> Valid </name>');
+-----------------------------------+
| CHECK_XML('<NAME> VALID </NAME>') |
|-----------------------------------|
| NULL                              |
+-----------------------------------+

XML が無効な場合に関数の出力を表示する

SELECT CHECK_XML('<name> Invalid </WRONG_CLOSING_TAG>');
+--------------------------------------------------+
| CHECK_XML('<NAME> INVALID </WRONG_CLOSING_TAG>') |
|--------------------------------------------------|
| no opening tag for </WRONG_CLOSING_TAG>, pos 35  |
+--------------------------------------------------+

無効な XML がある記録を探す

SELECT xml_str, CHECK_XML(xml_str)
    FROM my_table
    WHERE CHECK_XML(xml_str) IS NOT NULL;
最上部に戻る