カテゴリ:

条件式関数半構造化データ関数 (型述語)

IS_NULL_VALUE

VARIANT 引数が JSON null値の場合、trueを返します。

重要

JSON null値は、SQL NULL 値とは異なります。

この関数は、SQL NULL 値ではなく、 JSON null値に対してのみtrueを返します。以下の例の1行目と3行目に違いが示されています。

欠落している JSON サブ列は SQL NULL 値に変換され、 IS_NULL_VALUE はfalseを返します。以下の例の4番目の列はこれを示しています。

この関数を IS [ NOT ] NULL と混同しないでください。

こちらもご参照ください:

IS_<object_type>

構文

IS_NULL_VALUE( <variant_expr> )

戻り値

返される値のデータ型は BOOLEAN です。

これは IS_NULL_VALUE 関数を示しています。

SELECT v, v:a, IS_NULL_VALUE(v:a), IS_NULL_VALUE(v:no_such_field)
    FROM
        (SELECT parse_json(column1) AS v
         FROM VALUES
             ('{"a": null}'),
             ('{"a": "foo"}'),
             (NULL)
        );
+--------------+-------+--------------------+--------------------------------+
| V            | V:A   | IS_NULL_VALUE(V:A) | IS_NULL_VALUE(V:NO_SUCH_FIELD) |
|--------------+-------+--------------------+--------------------------------|
| {            | null  | True               | NULL                           |
|   "a": null  |       |                    |                                |
| }            |       |                    |                                |
| {            | "foo" | False              | NULL                           |
|   "a": "foo" |       |                    |                                |
| }            |       |                    |                                |
| NULL         | NULL  | NULL               | NULL                           |
+--------------+-------+--------------------+--------------------------------+