カテゴリ:

半構造化データ関数 (型述語)

IS_TIMESTAMP_*

VARIANT 値にそれぞれの TIMESTAMP 値が含まれているかどうかを検証します。

  • IS_TIMESTAMP_LTZ (ローカルタイムゾーンのある値)。

  • IS_TIMESTAMP_NTZ (タイムゾーンのない値)。

  • IS_TIMESTAMP_TZ (タイムゾーンのある値)。

こちらもご参照ください:

IS_<object_type>IS_DATE , IS_DATE_VALUEIS_TIMESTAMP_*

構文

IS_TIMESTAMP_LTZ( <variant_expr> )

IS_TIMESTAMP_NTZ( <variant_expr> )

IS_TIMESTAMP_TZ( <variant_expr> )

セッションに指定されたタイムゾーンを使用して出力される変数列のすべてのtimestamp_ltz値を取得します。

注釈

timestamp_ltz値の出力形式は、 TIMESTAMP_LTZ_OUTPUT_FORMAT パラメーターを使用して設定されます。指定しない場合、デフォルトでは TIMESTAMP_OUTPUT_FORMAT パラメーター設定が使用されます。このパラメーターのデフォルト設定は YYYY-MM-DD HH24:MI:SS.FF3 TZHTZM です。

この例では、ローカルタイムゾーンは US 太平洋標準時間( GMT/UCTとの差-08:00)です。

テーブルを作成してロードします。

create or replace table vardttm (v variant);
BEGIN WORK;
insert into vardttm select to_variant(to_date('2017-02-24'));
insert into vardttm select to_variant(to_time('20:57:01.123456789+07:00'));
insert into vardttm select to_variant(to_timestamp('2017-02-24 12:00:00.456'));
insert into vardttm select to_variant(to_timestamp_ltz('2017-02-24 13:00:00.123 +01:00'));
insert into vardttm select to_variant(to_timestamp_ntz('2017-02-24 14:00:00.123 +01:00'));
insert into vardttm select to_variant(to_timestamp_tz('2017-02-24 15:00:00.123 +01:00'));
COMMIT WORK;

データの TIMESTAMP 値を表示します。

select * from vardttm where is_timestamp_ntz(v);
+---------------------------+
| V                         |
|---------------------------|
| "2017-02-24 12:00:00.456" |
| "2017-02-24 14:00:00.123" |
+---------------------------+
select * from vardttm where is_timestamp_ltz(v);
+---------------------------------+
| V                               |
|---------------------------------|
| "2017-02-24 04:00:00.123 -0800" |
+---------------------------------+
select * from vardttm where is_timestamp_tz(v);
+---------------------------------+
| V                               |
|---------------------------------|
| "2017-02-24 15:00:00.123 +0100" |
+---------------------------------+