カテゴリ:

半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL

引数から構築された OBJECT を返します。

こちらもご参照ください。

OBJECT_CONSTRUCT

構文

OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL( [<key1>, <value1> [, <keyN>, <valueN> ...]] )

OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL( * )

戻り値

戻り値のデータ型は OBJECT です。

使用上の注意

  • この関数は、次のいずれかを受け入れます。

    • 0個以上のキーと値のペアにおけるシーケンス(キーは文字列で、値は任意の型)。

    • アスタリスク。

    アスタリスクで呼び出されると、オブジェクトは属性名をキーとして、関連するタプル値を値として使用して構築されます。以下の例をご参照ください。

  • キーが NULL (つまり SQL NULL)の場合、キーと値のペアは結果のオブジェクトから省略されます。ただし、値がnullの場合、キーと値のペアは保持されます。

  • 構築されたオブジェクトは、キーと値のペアにおける元の順序を保持するとは限りません。

この例は、 OBJECT_CONSTRUCT と OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL の違いを示しています。

SELECT OBJECT_CONSTRUCT('key_1', 'one', 'key_2', NULL) AS WITHOUT_KEEP_NULL,
       OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL('key_1', 'one', 'key_2', NULL) AS KEEP_NULL_1,
       OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL('key_1', 'one', NULL, 'two') AS KEEP_NULL_2
       ;
+-------------------+-------------------+------------------+
| WITHOUT_KEEP_NULL | KEEP_NULL_1       | KEEP_NULL_2      |
|-------------------+-------------------+------------------|
| {                 | {                 | {                |
|   "key_1": "one"  |   "key_1": "one", |   "key_1": "one" |
| }                 |   "key_2": null   | }                |
|                   | }                 |                  |
+-------------------+-------------------+------------------+

次の例も OBJECT_CONSTRUCT と OBJECT_CONSTRUCT_KEEP NULL の違いを示していますが、この例では小さなテーブル(クエリの前に表示)を使用しています。

SELECT *
    FROM demo_table_1
    ORDER BY province;
+------------------+--------------+
| PROVINCE         | CREATED_DATE |
|------------------+--------------|
| Alberta          | 2020-01-19   |
| British Columbia | NULL         |
| Manitoba         | 2020-01-18   |
| NULL             | 2020-01-20   |
+------------------+--------------+
SELECT OBJECT_CONSTRUCT(*),
       OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL(*)
    FROM demo_table_1;
+----------------------------------+----------------------------------+
| OBJECT_CONSTRUCT(*)              | OBJECT_CONSTRUCT_KEEP_NULL(*)    |
|----------------------------------+----------------------------------|
| {                                | {                                |
|   "CREATED_DATE": "2020-01-18",  |   "CREATED_DATE": "2020-01-18",  |
|   "PROVINCE": "Manitoba"         |   "PROVINCE": "Manitoba"         |
| }                                | }                                |
| {                                | {                                |
|   "CREATED_DATE": "2020-01-19",  |   "CREATED_DATE": "2020-01-19",  |
|   "PROVINCE": "Alberta"          |   "PROVINCE": "Alberta"          |
| }                                | }                                |
| {                                | {                                |
|   "PROVINCE": "British Columbia" |   "CREATED_DATE": null,          |
| }                                |   "PROVINCE": "British Columbia" |
|                                  | }                                |
| {                                | {                                |
|   "CREATED_DATE": "2020-01-20"   |   "CREATED_DATE": "2020-01-20",  |
| }                                |   "PROVINCE": null               |
|                                  | }                                |
+----------------------------------+----------------------------------+

密接に関連する関数 OBJECT_CONSTRUCT を使用する例については、 OBJECT_CONSTRUCT をご参照ください。