カテゴリ:

変換関数半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

TO_ARRAY

入力式を配列に変換します。

  • 入力が ARRAY、または配列値を含む VARIANT の場合、結果は変更されません。

  • NULL または JSON null 入力の場合、 NULLを返します。

  • その他の値の場合、結果はこの値を含む単一要素の配列です。

構文

TO_ARRAY( <expr> )

引数

任意のデータ型の式です。

使用上の注意

  • 複数の値を含む配列を作成するには、 ARRAY_CONSTRUCT を使用できます。

次の例は、 TO_ARRAY() の使用方法を示しています。

簡単なテーブルを作成し、 TO_ARRAY 関数を呼び出してデータを挿入します。

CREATE TABLE array_demo_2 (ID INTEGER, array1 ARRAY, array2 ARRAY);
INSERT INTO array_demo_2 (ID, array1, array2) 
    SELECT 1, TO_ARRAY(1), TO_ARRAY(3);

挿入中に作成された単一項目配列を示すクエリを実行し、2つの配列を連結するために ARRAY_CAT を呼び出した結果も示します。

SELECT array1, array2, ARRAY_CAT(array1, array2) FROM array_demo_2;
+--------+--------+---------------------------+
| ARRAY1 | ARRAY2 | ARRAY_CAT(ARRAY1, ARRAY2) |
|--------+--------+---------------------------|
| [      | [      | [                         |
|   1    |   3    |   1,                      |
| ]      | ]      |   3                       |
|        |        | ]                         |
+--------+--------+---------------------------+