カテゴリ:

変換関数

TO_VARIANT

任意の値を VARIANT 値または NULL に変換します(入力が NULLの場合)。

構文

TO_VARIANT( <expr> )

引数

任意のデータ型の式です。

使用上の注意

  • TO_VARIANT 関数を INSERT ステートメントで直接使用することはできません。代わりに、次のを使用してください。 INSERT INTO ...SELECT....例のセクションでは、これを行う方法を示します。

テーブルを作成して入力します。

CREATE TABLE double_demo (variant1 VARIANT);
INSERT INTO double_demo (variant1)
    SELECT TO_VARIANT(3.14);

VARIANT 列から元の値を取得します。

SELECT TO_DOUBLE(variant1) FROM double_demo;
+---------------------+
| TO_DOUBLE(VARIANT1) |
|---------------------|
|                3.14 |
+---------------------+