半構造化データ関数

これらの関数は、通常、Snowflakeの VARIANT、 OBJECT、または ARRAY 列に格納されている半構造化データ( JSON、Avro、および XML を含む)で使用されます。

機能は、実行される操作のタイプごとに次のようにグループ化されます。

  • JSON および XML データの解析。

  • 配列とオブジェクトの作成および操作。

  • 半構造化データから値の抽出。

  • 半構造化データと他のデータ型との間の変換/キャスト。

  • 半構造化データ(型述語)の値のデータ型の決定。

サブカテゴリ

関数

注意

JSON および XML 解析

CHECK_JSON

CHECK_XML

プレビュー機能

JSON_EXTRACT_PATH_TEXT

PARSE_JSON

PARSE_XML

プレビュー機能

STRIP_NULL_VALUE

配列/オブジェクトの作成と操作

ARRAY_AGG

集計関数 もご参照ください。

ARRAY_APPEND

ARRAY_CAT

ARRAY_COMPACT

ARRAY_CONSTRUCT

ARRAY_CONSTRUCT_COMPACT

ARRAY_CONTAINS

ARRAY_INSERT

ARRAY_INTERSECTION

ARRAY_POSITION

ARRAY_PREPEND

ARRAY_SIZE

ARRAY_SLICE

ARRAY_TO_STRING

ARRAYS_OVERLAP

OBJECT_AGG

集計関数 もご参照ください。

OBJECT_CONSTRUCT

OBJECT_DELETE

OBJECT_INSERT

OBJECT_PICK

抽出

FLATTEN

テーブル関数

GET

GET_IGNORE_CASE

GET_PATH 、 :

GET のバリエーション。

OBJECT_KEYS

OBJECT のキーと値のペアからキーを抽出します。

XMLGET

プレビュー機能

変換/キャスティング

AS_<object_type>

STRTOK_TO_ARRAY

TO_ARRAY

TO_JSON

TO_OBJECT

TO_VARIANT

TO_XML

タイプ述語

IS_<object_type>

TYPEOF