カテゴリ:

半構造化データ関数 (配列/オブジェクト)

ARRAY_CONSTRUCT

0、1、または複数の入力から構築された配列を返します。

こちらもご覧ください:

ARRAY_CONSTRUCT_COMPACT

構文

ARRAY_CONSTRUCT( [ <expr1> ] [ , <expr2> [ , ... ] ] )

引数

引数は値(または値に評価される式)です。引数はすべて同じデータ型である必要はありません。

戻り値

返される値のデータ型は ARRAY です。

使用上の注意

  • 入力のデータ型は異なる場合があります。

  • 関数が N 個の引数で呼び出された場合、結果の配列のサイズは N になります。

数値データ型で構成される基本的な配列を作成します。

SELECT ARRAY_CONSTRUCT(10, 20, 30);
+-----------------------------+
| ARRAY_CONSTRUCT(10, 20, 30) |
|-----------------------------|
| [                           |
|   10,                       |
|   20,                       |
|   30                        |
| ]                           |
+-----------------------------+

異なるデータ型で構成される基本的な配列を作成します。

SELECT ARRAY_CONSTRUCT(null, 'hello', 3::double, 4, 5);
+-------------------------------------------------+
| ARRAY_CONSTRUCT(NULL, 'HELLO', 3::DOUBLE, 4, 5) |
|-------------------------------------------------|
| [                                               |
|   undefined,                                    |
|   "hello",                                      |
|   3.000000000000000e+00,                        |
|   4,                                            |
|   5                                             |
| ]                                               |
+-------------------------------------------------+

空の配列を作成します。

SELECT ARRAY_CONSTRUCT();
+-------------------+
| ARRAY_CONSTRUCT() |
|-------------------|
| []                |
+-------------------+