カテゴリ:

半構造化データ関数 (キャスト)

AS_DOUBLE , AS_REAL

VARIANT 値を浮動小数点値にキャストします。

AS_REAL は、 AS_DOUBLEの同義語です。

こちらもご覧ください:

AS_<object_type>AS_DECIMAL , AS_NUMBERAS_INTEGER

構文

AS_DOUBLE( <variant> )

AS_REAL( <variant> )

引数

バリアント

これは、有効な浮動小数点値を含む VARIANT に評価される式でなければなりません。

AS_DOUBLE()関数を使用して、半径2の円の面積を計算する(非効率的ですが)有効な方法を次に示します。

テーブルを作成して入力します。

CREATE TABLE demo (radius DOUBLE, v_radius VARIANT);
INSERT INTO demo (radius) VALUES (2.0);
UPDATE demo SET v_radius = TO_VARIANT(radius);

テーブルをクエリします。

SELECT pi() * AS_DOUBLE(v_radius) * AS_DOUBLE(v_radius) AS area1, 
       pi() * radius * radius AS area2        
  FROM demo;
+--------------+--------------+
|        AREA1 |        AREA2 |
|--------------+--------------|
| 12.566370614 | 12.566370614 |
+--------------+--------------+