スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

COPY_HISTORY ビュー

このアカウント使用状況ビューを使用して、過去365日(1年)のSnowflakeデータロード履歴をクエリできます。ビューには、 Snowpipe を使用した COPY INTO <テーブル> ステートメントと連続データロードの両方のロードアクティビティが表示されます。ビューは、 LOAD_HISTORY ビュー の10、000行の制限を回避します。

列名

データ型

説明

FILE_NAME

TEXT

ソースファイルの名前とファイルへの相対パス。

STAGE_LOCATION

TEXT

ソースファイルが配置されているステージの名前。

LAST_LOAD_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ロードレコードの日時( UTC タイムゾーン)。一括データロードの場合、これはファイルがロードを開始した時間です。Snowpipeの場合、これはファイルのロードが完了した時間です。

ROW_COUNT

NUMBER

ソースファイルからロードされた行の数。

ROW_PARSED

NUMBER

ソースファイルから解析された行数( STATUS が「LOAD_IN_PROGRESS」の場合は NULL)。

FILE_SIZE

NUMBER

パイプを介してロードされるソースファイルのサイズ(単位:バイト)です。 COPY ステートメントのロードでは NULL になります。

FIRST_ERROR_MESSAGE

TEXT

ソースファイルの最初のエラー。

FIRST_ERROR_LINE_NUMBER

NUMBER

最初のエラーの行番号。

FIRST_ERROR_CHARACTER_POS

NUMBER

最初のエラー文字の位置。

FIRST_ERROR_COLUMN_NAME

TEXT

最初のエラーの列名。

ERROR_COUNT

NUMBER

ソースファイル内のエラー行の数。

ERROR_LIMIT

NUMBER

エラーの数がこの制限に達した場合、中止します。

STATUS

TEXT

ステータス: loadedload failed、または partially loaded

TABLE_ID

NUMBER

ターゲットテーブルの内部/システム生成識別子。

TABLE_NAME

TEXT

ターゲットテーブルの名前。TABLE_NAME

TABLE_SCHEMA_ID

NUMBER

Snowflakeが生成するテーブルのスキーマの内部識別子。

TABLE_SCHEMA_NAME

TEXT

ターゲットテーブルが存在するスキーマの名前。

TABLE_CATALOG_ID

NUMBER

テーブルのデータベースの内部/システム生成識別子。

TABLE_CATALOG_NAME

TEXT

ターゲットテーブルが存在するデータベースの名前。

PIPE_CATALOG_NAME

TEXT

パイプが存在するデータベースの名前。

PIPE_SCHEMA_NAME

TEXT

パイプが存在するスキーマの名前。

PIPE_NAME

TEXT

ロードパラメーターを定義するパイプの名前。 COPY ステートメントのロードの場合は NULL

PIPE_RECEIVED_TIME

TIMESTAMP_LTZ

パイプ経由でロードされたファイルの INSERT リクエストが受信された日時。 COPY ステートメントロードの場合は、 NULL

使用上の注意

  • ビューには、エラーの有無にかかわらず完了するまで実行された COPY INTO コマンドのみが含まれます。

  • ビューの遅延は最大120分(2時間)です。

  • ビューには、セッションの現在のロールにアクセス権限が付与されているオブジェクトのみが表示されます。

実行された最新の COPY INTO コマンド10のレコードを取得します。

select * from snowflake.account_usage.copy_history
  order by last_load_time desc
  limit 10;