スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

DATA_TRANSFER_HISTORY ビュー

このアカウント使用状況ビューを使用して、365日(1年間)以内に、Snowflakeテーブルから別のクラウドストレージプロバイダーのネットワークに転送( AWS 上のSnowflake、Google Cloud Platform、またはMicrosoft Azureから、他のクラウドプロバイダーのネットワークへ)されたデータの履歴、および/または指定された日付範囲内の地理的地域のクエリを実行できます。ビューには、Snowflakeアカウント全体の履歴が含まれます。

列名

データ型

説明

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

データ転送が行われた、指定された時間範囲の開始です。

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

データ転送が行われた、指定された時間範囲の終了です。

SOURCE_CLOUD

TEXT

データ転送が発生したクラウドプロバイダーの名前:Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform、またはMicrosoft Azure。

SOURCE_REGION

TEXT

データ転送が開始された地域。

TARGET_CLOUD

TEXT

データが送信されたクラウドプロバイダーの名前です。 AWS、Google Cloud Platform、またはMicrosoft Azure。

TARGET_REGION

TEXT

データが送信された地域。

BYTES_TRANSFERRED

VARIANT

START_TIME および END_TIME ウィンドウの間に転送されたバイト数。

TRANSFER_TYPE

VARCHAR

転送を引き起こした操作のタイプ。 'COPY''REPLICATION'EXTERNAL_FUNCTION'

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大120分(2時間)です。

最上部に戻る