スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

SEARCH_OPTIMIZATION_HISTORY ビュー

このアカウント使用状況ビューを使用して、 検索 履歴をクエリできます。ビューによって返される情報には、検索最適化サービスの名前と、サービスによって消費されるクレジットが含まれます。

列名

データ型

説明

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

指定された時間範囲の開始です。

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

指定された時間範囲の終了です。

CREDITS_USED

TEXT

START_TIME および END_TIME ウィンドウでの検索最適化サービスに対して請求されたクレジットの数。

TABLE_ID

NUMBER

検索最適化サービスの内部/システム生成の識別子。

TABLE_NAME

TEXT

これは、システムによって生成された エイリアス であり、検索最適化が有効にされたテーブルの ID が含まれています。その ID は、「SEARCH OPTIMIZATION ON TABLE_ID :<最適化されたテーブルのID>」という形式の文字列内に埋め込まれています。たとえば、 accounts という名前のテーブルで検索最適化を有効にし、 accounts に ID 1200がある場合、この列に表示される TABLE_NAME (エイリアス)は、「SEARCH OPTIMIZATION ON TABLE_ID :1200」になります。

SCHEMA_ID

NUMBER

検索最適化サービスを含むスキーマの内部/システム生成識別子。

SCHEMA_NAME

TEXT

検索最適化サービスを含むスキーマの名前。

DATABASE_ID

NUMBER

検索最適化サービスを含むデータベースの内部/システム生成識別子。

DATABASE_NAME

TEXT

検索最適化サービスを含むデータベースの名前。

使用上の注意

  • TABLE_ID 列と TABLE_NAME 列は同じデータベースオブジェクトを参照しないことに注意してください。

    • TABLE_ID は、検索最適化サービスインスタンスを識別します。

    • TABLE_NAME は、ベーステーブルのテーブル ID を表示します。これは、 検索最適化サービスが有効になっている テーブルです。

  • 出力には、実行される検索最適化メンテナンスの操作ごとに1行が含まれます。各最適化の操作により、1つのテーブルに関する情報を更新します。各テーブルで実行される操作の数は、そのテーブルのデータに対する更新の数とサイズによって異なります。

    集計関数と GROUP BY 句の組み合わせを使用して、テーブルごとまたはすべてのテーブルのコストを集計できます。

  • ビューには、ベーステーブル名ではなくベーステーブル IDs のみが表示されるため、ビューには、ベーステーブルに関連付けられたコストが名前で直接表示されません。

  • 請求履歴は必ずしもすぐに更新されるわけではありません。ビューの待機時間は、最大180分(3時間)です。