スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

SESSIONS ビュー

このAccount Usageビューには、Snowflakeへの認証方法やSnowflakeログインイベントに関する情報など、セッションに関する情報が表示されます。Snowflakeは、前年に作成されたセッションごとに1行を返します。

列名

データ型

説明

SESSION_ID

現在のセッションに対する一意の識別子。

CREATED_ON

TIMESTAMP_LTZ

セッションが作成された日時( UTC タイムゾーン)。

USER_NAME

文字列

ユーザーのユーザー名。

AUTHENTICATION_METHOD

文字列

Snowflakeへのアクセスに使用される認証方法。

LOGIN_EVENT_ID

ログインイベントの一意の識別子。

CLIENT_APPLICATION_VERSION

文字列

Snowflakeへのリモートセッションの作成に使用される、Snowflake提供のクライアントアプリケーションのバージョン番号(例:3.8.7)。

CLIENT_APPLICATION_ID

文字列

Snowflakeへのリモートセッションの作成に使用される、Snowflake提供のクライアントアプリケーションの識別子(例: JDBC 3.8.7)

CLIENT_ENVIRONMENT

文字列

Snowflakeへのリモートセッションの作成に使用される、クライアントの環境変数(例:オペレーティングシステム、 OCSP モード)。

CLIENT_BUILD_ID

文字列

Snowflakeへのリモートセッションの作成に使用される、サードパーティクライアントアプリケーションのビルド番号(例:41897)(ある場合)。たとえば、 JDBC ドライバーを使用してSnowflakeに接続するサードパーティのJavaアプリケーション。

CLIENT_VERSION

文字列

Snowflake提供のクライアントを使用してSnowflakeへのリモートセッションを作成する、サードパーティクライアントアプリケーションのバージョン番号(例:47154)(ある場合)。 .

使用上の注意

  • ビューの待機時間は最大180分(3時間)です。