スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

STAGES ビュー

このアカウント使用状況ビューには、アカウントで定義された各ステージの行が表示されます。

ステージは、データのロード/アンロードに使用できる名前付きオブジェクトです。詳細については、 CREATE STAGE をご参照ください。

列名

データ型

説明

STAGE_ID

NUMBER

ステージの内部/システム生成識別子。

STAGE_NAME

TEXT

ステージの名前。

STAGE_SCMEHA_ID

NUMBER

ステージのスキーマの内部/システム生成識別子。

STAGE_SCHEMA

TEXT

ステージが属するスキーマ。

STAGE_CATALOG_ID

NUMBER

ステージのデータベースの内部/システム生成識別子。

STAGE_CATALOG

TEXT

ステージが属するデータベース。

STAGE_URL

TEXT

ステージが外部の場合、ステージの場所。 内部の場合は NULL 。

STAGE_REGION

TEXT

ステージが外部の場合、ステージが存在する地域。内部の場合は NULL 。

STAGE_TYPE

TEXT

ステージのタイプ(UserTableInternal Named、または External Named)。

STAGE_OWNER

TEXT

ステージを所有するロールの名前。 ドロップされた場合は NULL 。

COMMENT

TEXT

ステージへのコメント。

CREATED

TIMESTAMP_LTZ

ステージが作成された日時。

LAST_ALTERED

TIMESTAMP_LTZ

ステージが最後に変更された日時。

DELETED

TIMESTAMP_LTZ

ステージがドロップされた日時。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大120分(2時間)です。

  • ビューには、セッションの現在のロールにアクセス権が付与されているオブジェクトのみが表示されます。

  • ビューは MANAGE GRANTS 権限を尊重しないため、 MANAGE GRANTS 権限を持つユーザーが両方を実行する場合、 SHOW コマンドよりも表示される情報が少なくなる場合があります。