スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

WAREHOUSE_EVENTS_HISTORY ビュー

このAccount Usageビューを使用して、過去365日間(1年間)にアカウントの単一クラスターおよび複数クラスターウェアハウスに対してトリガーされたイベントを返すことができます。

サポートされるイベントは次のとおりです。

  • ウェアハウスの作成、削除、または変更(ウェアハウスのサイズ変更を含む)。

  • ウェアハウスの再開または一時停止。

  • ウェアハウス内のクラスターの再開、一時停止、またはサイズ変更(単一クラスターおよびマルチクラスターウェアハウス)。

  • ウェアハウスで追加のクラスターの停止または開始(マルチクラスターウェアハウスのみ)。

列名

データ型

説明

TIMESTAMP

TIMESTAMP_LTZ

イベントがトリガーされたときのタイムスタンプ。

WAREHOUSE_ID

NUMBER

アカウントのウェアハウス名に対応する一意のウェアハウス ID(Snowflakeによる割り当て)。

WAREHOUSE_NAME

TEXT

アカウント内のウェアハウスの名前。

CLUSTER_NUMBER

NUMBER

マルチクラスターウェアハウス内の特定のクラスターに対してイベントがトリガーされた場合に、イベントがトリガーされたクラスターの数。イベントがウェアハウス内のすべてのクラスターに対してトリガーされた場合や単一クラスターのウェアハウスに適用できない場合、値は表示されません。

EVENT_NAME

TEXT

イベントの名前。可能な値のリストについては、 EVENT_NAME の説明 (このトピック内)をご参照ください。

EVENT_REASON

TEXT

イベントの原因。可能な値のリストについては、 EVENT_REASON の説明 (このトピック内)をご参照ください。

EVENT_STATE

TEXT

完了までに時間がかかる、またはキャンセルできるイベントの状態: STARTED、COMPLETED、PARTIALLY_COMPLETED。

USER_NAME [1]

TEXT

イベントを開始したユーザー。

ROLE_NAME [1]

TEXT

イベント開始時に、セッションでアクティブだったロール。

QUERY_ID [1]

TEXT

SQL ステートメントの内部/システム生成識別子。

[1] これらのフィールドには、2021年4月1日以降に実行されたクエリのデータのみが表示されます。

使用上の注意

  • ビューの待機時間は最大3時間です。

  • 各イベントは、次の理由でビューに複数の行を生成する可能性があります。

    • イベントは、追加の関連イベントをトリガーすることがよくあります。

    • イベントは完了するまでに時間がかかる場合や、キャンセルされる場合があります。これが発生した場合、 EVENT_STATE 列は、イベントが開始、完了、またはキャンセルされたかどうかを示します。

EVENT_REASON の説明

WAREHOUSE_AUTORESUME

AUTO_RESUME がウェアハウスに対して有効化され、SQL ステートメントがウェアハウスに送信されたため、一時停止中のウェアハウスは自動的に再開されました。

WAREHOUSE_RESUME

一時停止中のウェアハウスが、ユーザーによって手動で再開されました。

WAREHOUSE_AUTOSUSPEND

AUTO_SUSPEND がウェアハウスで有効になっていて、AUTO_SUSPEND の非アクティブの定義された期間が経過したため、実行中のウェアハウスは自動的に一時停止されました。

WAREHOUSE_SUSPEND

稼働中のウェアハウスがユーザーによって手動で一時停止されました。

WAREHOUSE_RESIZE

ウェアハウスのサイズを変更しました。

RESOURCE_MONITOR_SUSPEND

ウェアハウスのリソースモニターのクレジットクォータに達したため、ウェアハウスが一時停止されました。

MULTICLUSTER_SPINUP

新しいクラスターまたは一時停止されたクラスターがマルチクラスターウェアハウスにプロビジョニングされました。単一クラスターのウェアハウスには適用されません。

MULTICLUSTER_SPINDOWN

実行中のクラスターがマルチクラスターウェアハウスでシャットダウンされました。単一クラスターのウェアハウスには適用されません。

EVENT_NAME の説明

ウェアハウス関連のイベント:

CREATE_WAREHOUSE

新しいウェアハウスの作成によってトリガーされます。これは、ユーザーが手動でウェアハウスを作成した場合、またはアカウントがプロビジョニングされ、デフォルトのウェアハウスがアカウントに自動的に作成された場合に発生する可能性があります。

  • クラスター番号: なし(N/A)

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由: なし(N/A)

  • 課金への影響: クラスターが INITIALLY_SUSPENDED = TRUE で作成されている場合、このイベントの課金アクティビティはありません。それ以外の場合、計測は、すべてのコンピューティングリソースがウェアハウスにプロビジョニングされるか、ウェアハウスがステートメントの処理を開始したときに開始されます(リソースが完全にプロビジョニングされる前に、ウェアハウスがステートメントの処理を開始した場合)。

DROP_WAREHOUSE

既存のウェアハウスが削除されたときにトリガーされます。ウェアハウスで実行中のすべてのステートメントが停止し、コンピューティングリソースが解放されます。

  • クラスター番号: なし(N/A)

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由: なし(N/A)

  • 課金への影響: すべての計測アクティビティが停止します。

ALTER_WAREHOUSE

ウェアハウスのサイズ変更など、既存のウェアハウスのプロパティが変更されたときにトリガーされます。ウェアハウスのサイズが変更されると、追加の RESIZE_WAREHOUSE イベントがトリガーされます。このイベントは、 RESUME_WAREHOUSE または SUSPEND_WAREHOUSE イベントをトリガーすることもできます。

  • クラスター番号: なし(N/A)

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由: なし(N/A)

  • 課金への影響: 課金への影響は、トリガーされたイベントによって異なります。

RESIZE_WAREHOUSE

ウェアハウスのサイズを変更することでトリガーされ、ウェアハウス内の各クラスターのコンピューティングリソースが増減します。実行中のウェアハウスの場合、このイベントはウェアハウス内の各クラスターに対して RESIZE_CLUSTER イベントもトリガーします。

  • クラスター番号: なし(すべてのクラスターに適用)

  • イベントの状態: STARTED、 COMPLETED、または PARTIALLY_COMPLETED

  • イベントの理由: WAREHOUSE_RESIZE

  • 課金への影響: 実行中のウェアハウスのサイズを変更すると、ウェアハウス内の各クラスターのコンピューティングリソースが追加または削除されます。新しく追加されたリソースは、プロビジョニングされると計測を開始しますが、削除されたリソースは、実行中のステートメントの処理が完了すると計測を停止します。一時停止中のウェアハウスのサイズを変更しても、ウェアハウスに新しいリソースはプロビジョニングされません。

RESUME_WAREHOUSE

一時停止されたウェアハウスが再開されるか、新しいウェアハウスが INITIALLY_SUSPENDED = FALSE で作成されたときにトリガーされます。このイベントは、ウェアハウス内の各クラスターに対して RESUME_CLUSTER イベントもトリガーします。

  • クラスター番号: なし(すべてのクラスターに適用)

  • イベントの状態: STARTED、 COMPLETED、または PARTIALLY_COMPLETED

  • イベントの理由: WAREHOUSE_AUTORESUME または WAREHOUSE_RESUME

  • 課金への影響: すべてのコンピューティングリソースがウェアハウスにプロビジョニングされると、計測が開始されます。

SUSPEND_WAREHOUSE

実行中のウェアハウスが一時停止したときにトリガーされます。このイベントは、ウェアハウス内の各クラスターに対して SUSPEND_CLUSTER イベントもトリガーします。

  • クラスター番号: なし(すべてのクラスターに適用)

  • イベントの状態: STARTED、 COMPLETED、または PARTIALLY_COMPLETED

  • イベントの理由: WAREHOUSE_AUTOSUSPEND または WAREHOUSE_SUSPEND

  • 課金への影響: 実行中のすべてのステートメントが完了すると、ウェアハウスのコンピューティングリソースの計測が停止します。

クラスター関連のイベント:

RESUME_CLUSTER

一時停止中のクラスターを再開するとトリガーされます。

  • クラスター番号: 再開されたクラスターの番号(単一クラスター ウェアハウスの場合は常に 1

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由:

    • WAREHOUSE_AUTORESUME または WAREHOUSE_RESUME (単一クラスターウェアハウス)

    • MULTICLUSTER_SPINDOWN または MULTICLUSTER_SPINUP (マルチクラスターウェアハウス)

    • WAREHOUSE_RESIZE

  • 課金への影響: プロビジョニングが完了すると、クラスターのコンピューティングリソースで計測が開始されます。

SUSPEND_CLUSTER

実行中のクラスターが一時停止されたときにトリガーされます。

  • クラスター番号: 一時停止されたクラスターの数(単一クラスター ウェアハウスの場合は常に 1

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由:

    • WAREHOUSE_AUTORESUME または WAREHOUSE_RESUME (単一クラスターウェアハウス)

    • MULTICLUSTER_SPINDOWN または MULTICLUSTER_SPINUP (マルチクラスターウェアハウス)

    • WAREHOUSE_RESIZE (すべてのウェアハウス)

    • RESOURCE_MONITOR_SUSPEND (すべてのウェアハウス)

  • 課金への影響: 実行中のすべてのステートメントが完了すると、クラスターのコンピューティングリソースでの計測が停止します。

RESIZE_CLUSTER

通常、ウェアハウスのサイズ変更の結果として、クラスターのサイズが変更されたときにトリガーされます。

  • クラスター番号: サイズ変更されたクラスターの数(単一クラスターウェアハウスの場合は常に 1

  • イベントの状態: COMPLETED

  • イベントの理由:

    • WAREHOUSE_AUTORESUME または WAREHOUSE_RESUME (単一クラスターウェアハウス)

    • MULTICLUSTER_SPINDOWN または MULTICLUSTER_SPINUP (マルチクラスターウェアハウス)

    • WAREHOUSE_RESIZE (すべてのウェアハウス)

  • 課金への影響: サイズ変更により、コンピューティングリソースが追加されるか削除されるかで異なります。

    • 追加されたコンピューティングリソースは、プロビジョニング後に計測を開始します。

    • 削除されたコンピューティングリソースは、実行中のすべてのステートメントが完了すると計測を停止します。

SPINUP_CLUSTER

クラスターが開始されたときにトリガーされます(マルチクラスターウェアハウスのみ)。通常、最小/最大クラスターサイズが増加すると発生します。

  • クラスター番号: 起動したクラスターの番号

  • イベントの状態: STARTED、 COMPLETED、または PARTIALLY_COMPLETED

  • イベントの理由: MULTICLUSTER_SPINUP または WAREHOUSE_RESIZE

  • 課金への影響: プロビジョニングが完了すると、クラスターのコンピューティングリソースで計測が開始されます。

SPINDOWN_CLUSTER

実行中のクラスターがシャットダウンしたときにトリガーされます(マルチクラスターウェアハウスのみ)。通常、最小/最大クラスターサイズが減少したときに発生します。

  • クラスター番号: シャットダウンしたクラスターの番号

  • イベントの状態: STARTED、 COMPLETED、または PARTIALLY_COMPLETED

  • イベントの理由: MULTICLUSTER_SPINDOWN または WAREHOUSE_RESIZE

  • 課金への影響: 実行中のすべてのステートメントが完了すると、クラスターのコンピューティングリソースでの計測が停止します。