スキーマ:

ACCOUNT_USAGEREADER_ACCOUNT_USAGE

LOGIN_HISTORY ビュー

このAccount Usageビューを使用して、過去365日間(1年間)以内のSnowflakeユーザーによるログイン試行をクエリできます。

失敗したログイン試行のエラーコード/メッセージの詳細については、次のドキュメントをご参照ください。

列名

データ型

説明

READER_ACCOUNT_NAME

TEXT

ユーザー認証イベントのリーダーアカウントの名前。列は READER_ACCOUNT_USAGE スキーマのビューにのみ含まれます。

EVENT_ID

NUMBER

ログイン試行の内部/システム生成識別子。

EVENT_TIMESTAMP

TIMESTAMP_LTZ

イベント発生の時間( UTC タイムゾーン)。

EVENT_TYPE

TEXT

認証イベントの LOGIN などのイベント型。

USER_NAME

TEXT

このイベントに関連付けられたユーザー。

CLIENT_IP

TEXT

リクエスト発信元のIP アドレス。

REPORTED_CLIENT_TYPE

TEXT

JDBC_DRIVER、 ODBC_DRIVERなど、報告されたクライアントソフトウェアの型。この情報は認証されません。

REPORTED_CLIENT_VERSION

TEXT

クライアントソフトウェアの報告されたバージョン。この情報は認証されません。

FIRST_AUTHENTICATION_FACTOR

TEXT

ユーザー認証に使用される方法(多要素認証を使用する場合の最初の要素)。

SECOND_AUTHENTICATION_FACTOR

TEXT

多要素認証を使用する場合は2番目の要素、それ以外の場合は NULL 。

IS_SUCCESS

TEXT

ユーザーリクエストが成功したかどうかを示します。

ERROR_CODE

NUMBER

リクエストが成功しなかった場合のエラーコード。

ERROR_MESSAGE

TEXT

リクエストが成功しなかった場合にユーザーに返されるエラーメッセージ。

RELATED_EVENT_ID

NUMBER

今後の使用のために予約されています。

CONNECTION

TEXT

クライアントが使用する接続の名前。クライアントが接続 URL を使用していない場合は NULL。接続は クライアントリダイレクト の一部のSnowflakeオブジェクトです。これは、ビジネスの継続性と障害復旧のために、アカウント間でフェールオーバーできる接続 URL を表します。 . , NOTE: クライアントが接続 URL ではなくアカウント URL で構成されたIDプロバイダー(IdP)を介して認証する場合、 IdP は、認証完了後にクライアントをアカウント URL に転送します。このログインイベントの CONNECTION 列は NULL です。 認証とクライアントリダイレクト をご参照ください。

使用上の注意

  • ビューの待機時間は最大120分(2時間)です。

  • INTERNAL_SNOWFLAKE_IP/0.0.0.0 は、使用方法をサポートする内部Snowflake操作によってトリガーされる、ログインイベントのクライアント IP として表示されます。たとえば、ユーザーが Snowsight のワークシートにアクセスすると、ワークシートは一意のセッションとして存在するため、Snowflakeは INTERNAL_SNOWFLAKE_IP/0.0.0.0 から発生するログインイベントを作成します。

最上部に戻る