スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

PIPE_USAGE_HISTORY ビュー

このアカウント使用状況ビューを使用して、過去365日(1年)以内に Snowpipe を使用してSnowflakeテーブルにロードされたデータの履歴をクエリできます。ビューには、ロードされたデータの履歴と、Snowflakeアカウント全体の請求されたクレジットが表示されます。

列名

データ型

説明

PIPE_ID

NUMBER

データのロードに使用されるパイプの内部/システム生成識別子。クエリでパイプ名が指定されなかった場合、 NULL を表示します。各行には、時間範囲内で使用中のすべてのパイプの合計が含まれます。

PIPE_NAME

TEXT

パイプの名前。

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

データのロードが行われた時間の開始( UTC タイムゾーン)。

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

データのロードが行われた時間の終わり( UTC タイムゾーン)。

CREDITS_USED

FLOAT

START_TIME および END_TIME ウィンドウ中にSnowpipeデータのロードに対して請求されたクレジットの数。

BYTES_INSERTED

VARIANT

START_TIME および END_TIME ウィンドウ中にロードされたバイト数。

FILES_INSERTED

VARIANT

START_TIME および END_TIME ウィンドウ中にロードされたファイルの数。

使用上の注意

  • ビューの待機時間は最大180分(3時間)です。