スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

TABLE_STORAGE_METRICS ビュー

このアカウント使用状況ビューには、テーブルレベルのストレージ使用率情報が表示されます。この情報は、ドロップされたがまだストレージコストが発生しているテーブルを含む、アカウントの各テーブルのストレージ請求の計算に使用されます。

ビューには、テーブルのメタデータに加えて、テーブルごとに請求されるストレージバイト数が表示されます。Snowflakeは、バイトを次のカテゴリに分類します。

  • クエリ可能なテーブル内のデータを表すアクティブバイト。

  • システムからまだパージされていないためにストレージ料金が発生している削除済みバイト。これらのバイトは、次のサブカテゴリに分類されます。

    • Time Travelのバイト数(最近削除されたが、まだテーブルのTime Travel保持期間内)。

    • Fail-safeのバイト(Time Travel保持期間を過ぎているが、テーブルのFail-safe期間内の削除済みバイト)。

    • クローン用に保持されたバイト(Time TravelまたはFail-safeにはなくなったが、テーブルのクローンがバイトを参照しているために保持されたままの削除済みバイト)。

つまり、テーブル内のデータのさまざまな状態(アクティブ、Time Travel、Fail-safe、またはクローンの保持)に関係なく、対応するテーブルがストレージについて課金されなくなるまで、このビューで行が維持されます)。

テーブルのデータストレージの詳細については、 データストレージに関する考慮事項 をご参照ください。

列名

データ型

説明

ID

NUMBER

テーブルの内部/システム生成識別子。

TABLE_NAME

TEXT

テーブルの名前。

TABLE_SCHEMA_ID

NUMBER

テーブルのスキーマの内部/システム生成識別子。

TABLE_SCHEMA

TEXT

テーブルが属するスキーマ。

TABLE_CATALOG_ID

NUMBER

テーブルのデータベースの内部/システム生成識別子。

TABLE_CATALOG

TEXT

テーブルが属するデータベース。

CLONE_GROUP_ID

NUMBER

このテーブルの最も古いクローンの先祖の一意の識別子。テーブルがクローンでない場合、ID と同じです。

IS_TRANSIENT

TEXT

テーブルが一時または仮テーブルの場合は「YES」、それ以外の場合は「NO」。一時テーブルと仮テーブルには、Fail-safe期間はありません。

ACTIVE_BYTES

NUMBER

このテーブルが所有(および請求)し、テーブルがアクティブ状態にあるバイト。

TIME_TRAVEL_BYTES

NUMBER

このテーブルが所有(および請求)し、テーブルがTime Travel状態にあるバイト。

FAILSAFE_BYTES

NUMBER

このテーブルが所有(および請求)し、テーブルのFail-safe状態にあるバイト。

RETAINED_FOR_CLONE_BYTES

NUMBER

このテーブルが所有(および請求)し、このテーブルの1つ以上のクローンによって参照されるため、削除後も保持されるバイト。

TABLE_CREATED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルが作成された日時。

TABLE_DROPPED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルがドロップされた日時。テーブルがドロップされていない場合は NULL 。

TABLE_ENTERED_FAILSAFE

TIMESTAMP_LTZ

テーブルがドロップされた場合、Fail-safe状態になった、あるいは NULL になった日時。この状態では、UNDROP を使用してテーブルを復元できません。

SCHEMA_CREATED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルのスキーマが作成された日時。

SCHEMA_DROPPED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルのスキーマがドロップされた日時。

CATALOG_CREATED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルのデータベースが作成された日時。

CATALOG_DROPPED

TIMESTAMP_LTZ

テーブルのデータベースがドロップされた日時。

COMMENT

TEXT

テーブルのコメント。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大90分です。

  • ID および CLONE_GROUP_ID

    • ID テーブルの名前が変更された場合やドロップされた場合でも、ライフサイクル全体を通してテーブルの変更は行われません。

    • テーブルがドロップされたがストレージコストが発生する場合でも、 CLONE_GROUP_ID はクローンの最も古い先祖の ID です。例:

      1. テーブル t2t1 からクローンされたものです。

      2. テーブル t3t2 からクローンされたものです。

      t1 がドロップされ、最終的にSnowflakeからパージされた場合でも、3つのテーブルはすべて t1IDCLONE_GROUP_ID としてリストします。

    • IDs が同一の場合、テーブルはクローンではありません。

    • ストレージバイトは常に、バイトが最初に追加されたテーブルによって所有、したがって請求されます。その後、テーブルがクローンされると、ソーステーブルからバイトが削除された場合でも、これら開始時のバイトのストレージメトリックはクローンに転送されません。

  • クローンテーブルは、元のテーブルまたはクローンされたテーブルのいずれかが変更されるまで、同じ基のストレージ(マイクロパーティションレベルで)を共有します。いずれかのテーブルに変更が加えられるたびに、テーブルは変更されたバイトの「所有権」を取得します。

  • ドロップされたテーブルは、ストレージコストが発生する限り、ビューに表示されます。

    • ドロップされたテーブルはアクティブなストレージメトリックを保持し、テーブルが復元された場合にアクティブになるバイト数を示します。

    • テーブルのTime Travel保持期間内にドロップされたテーブルは、UNDROP コマンドを使用して復元できます。

    • Fail-safeでドロップされたテーブル(TABLE_ENTERED_FAILSAFENULL ではない)は、以下を除くほとんどの列に NULL 値を表示する可能性があります。

      ID 列

      IDCLONE_GROUP_ID

      バイト列

      ACTIVE_BYTESTIME_TRAVEL_BYTESFAILSAFE_BYTESRETAINED_FOR_CLONE_BYTES

      これらのテーブルは、UNDROP コマンドを使用して復元できません。

  • FAILSAFE_BYTES は、Time Travelを通過したバイトを示します。そのようなバイトはすべて、現在のテーブルに請求されます。

  • 複数の行の TABLE_NAME 列に同じ値がある場合、テーブルに複数のバージョンが存在することを示します。テーブルがドロップされるたびにバージョンが作成され、同じ名前の新しいテーブルが作成されます。これには、既存のテーブルで CREATE OR REPLACE TABLE コマンドが発行されたときも含まれます。現在のバージョンでは TABLE_DROPPED 列の値が NULL であることに注意してください。他のすべてのバージョンではタイムスタンプ値があります。テーブルの各バージョンにTime Travel(およびテーブルが永続的である場合はFail-safe)に関連するストレージコストが発生するため、これに注意することが重要です。