スキーマ:

ACCOUNT_USAGE

USERS ビュー

このアカウント使用状況ビューを使用して、アカウント内のすべてのユーザーのリストをクエリできます。データは365日間(1年)保持されます。

列名

データ型

説明

NAME

VARCHAR

ユーザーの一意の識別子。

CREATED_ON

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーのアカウントが作成された日時( UTC タイムゾーン)。

DELETED_ON

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーのアカウントが削除された日時( UTC タイムゾーン)。

LOGIN_NAME

VARCHAR

ユーザーがシステムにログインするために入力する名前。

DISPLAY_NAME

VARCHAR

Snowflake ウェブインターフェイスでユーザーに表示される名前。

FIRST_NAME

VARCHAR

ユーザーの名。

LAST_NAME

VARCHAR

ユーザーの姓。

EMAIL

VARCHAR

ユーザーのメールアドレス。

MUST_CHANGE_PASSWORD

BOOLEAN

ユーザーが次回のログイン時にパスワードの変更を強制されるかどうかを指定します。

HAS_PASSWORD

BOOLEAN

ユーザーのパスワードが作成されたかどうかを指定します。

COMMENT

VARCHAR

ユーザーのコメント。

DISABLED

VARIANT

ユーザーアカウントを無効にして、ユーザーがSnowflakeにログインしてクエリを実行できないようにするかどうかを指定しました。

SNOWFLAKE_LOCK

VARIANT

ユーザーのアカウントに一時的なロックがかけられているかどうかを指定します。

DEFAULT_WAREHOUSE

VARCHAR

ログイン時のユーザーのセッションに対して、デフォルトでアクティブになる仮想ウェアハウス。

DEFAULT_NAMESPACE

VARCHAR

ログイン時にユーザーのセッションに対して、デフォルトでアクティブになる名前空間(データベースのみ、またはデータベースとスキーマ)。

DEFAULT_ROLE

VARCHAR

ログイン時にユーザーのセッションに対して、デフォルトでアクティブになるロール。

EXT_AUTHN_DUO

VARIANT

ユーザーに対してDuoセキュリティを有効にするかどうかを指定します。これにより、ユーザーはログインに MFA (多要素認証)を使用する必要があります。

EXT_AUTHN_UID

VARCHAR

Duoセキュリティに使用される認証 ID 。

BYPASS_MFA_UNTIL

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーに対して一時的に MFA をバイパスする分単位の時間。

LAST_SUCCESS_LOGIN

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーが最後にSnowflakeにログインした日時( UTC タイムゾーン)。

EXPIRES_AT

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーのステータスが EXPIRED に設定され、ユーザーがログインできなくなった日時。これは、一時的なユーザー(例:一定の期間だけSnowflakeにアクセスする必要があるユーザー)を定義するのに役立ちます。

LOCKED_UNTIL_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーログインの一時ロックが解除されるまでの分単位の時間を指定します。

HAS_RSA_PUBLIC_KEY

BOOLEAN

キーペア認証に使用される RSA 公開キーがユーザーに設定されているかどうかを指定します。

PASSWORD_LAST_SET_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ユーザーに最後のnull以外のパスワードが設定されたタイムスタンプ。パスワードがまだ設定されていない場合、またはこの列を含める前にSnowflakeがユーザーのタイムスタンプを判別できない場合のデフォルトはnullです。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大120分(2時間)です。