すべての関数(アルファベット順)

このトピックでは、すべてのSnowflakeシステム定義(組み込み)関数、スカラーまたはテーブルをアルファベット順にリストしています。

リストには次が含まれます。

  • 各関数の名前。

  • 各関数の概要。

  • 関数が属するカテゴリのリスト。

関数名

概要

カテゴリ

A

ABS

数値式の絶対値を返します。

数値関数

ACOS

入力の逆余弦(アークコサイン)を計算します。結果は、 [-pi, pi] の間の数値になります。

数値関数

ACOSH

入力の逆(アーク)双曲線余弦を計算します。

数値関数

ADD_MONTHS

指定された月数を日付またはタイムスタンプに加算または減算し、月末情報を保持します。

日付と時刻の関数

ANY_VALUE

グループから式の値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_COUNT_DISTINCT

HyperLogLog を使用して、入力の異なるカーディナリティの近似値を返します(つまり、 HLL(col1, col2, ... )COUNT(DISTINCT col1, col2, ... ) の近似値を返します)。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE

目的のパーセンタイルの近似値を返します(列 cn の数値がある場合、 APPROX_PERCENTILE(c、p)が返す数値は、 c の数値の約 n * p が返される数値よりも小さくなるような数値を返します)。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE

集計の終了時にt-Digest状態の内部表現を( JSON オブジェクトとして)返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE_COMBINE

パーセンタイルの入力状態を単一の出力状態に結合(マージ)します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE

指定されたt-Digest状態に必要な近似パーセンタイル値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_TOP_K

Space-Savingを使用して、入力内の最も頻度の高い値の近似値とその近似頻度を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_TOP_K_ACCUMULATE

集約の終了時に省スペースの概要を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_TOP_K_COMBINE

入力状態を単一の出力状態に結合(マージ)します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROX_TOP_K_ESTIMATE

指定された省スペース状態について、おおよその最頻値とその推定頻度を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROXIMATE_JACCARD_INDEX

MinHash 状態に基づいて、入力の類似度(Jaccardインデックス)の推定値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

APPROXIMATE_SIMILARITY

MinHash 状態に基づいて、入力の類似度(Jaccardインデックス)の推定値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

ARRAY_AGG

ARRAYにピボットされた入力値を返します。

集計関数ウィンドウ関数半構造化データ関数

ARRAY_APPEND

ソース配列のすべての要素と新しい要素を含む配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_CAT

2つの配列の連結を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_COMPACT

欠損値とnull値が削除されたコンパクトな配列を返し、疎な配列を密な配列に効率的に変換します。

半構造化データ関数

ARRAY_CONSTRUCT

0、1、または複数の入力から構築された配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_CONSTRUCT_COMPACT

0、1、または複数の入力から構築された配列を返します。構築された配列は、 NULL 入力値を省略します。

半構造化データ関数

ARRAY_CONTAINS

指定されたバリアントが指定された配列で見つかった場合、 True を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_INSERT

ソース配列のすべての要素と新しい要素を含む配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_INTERSECTION

2つの入力配列の一致する要素を含む配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_POSITION

配列内の要素に最初に現れるインデックスを返します。

半構造化データ関数

ARRAY_PREPEND

新しい要素とソース配列のすべての要素を含む配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_SIZE

入力配列のサイズを返します。

半構造化データ関数

ARRAY_SLICE

入力配列の要素の指定されたサブセットから構築された配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAY_TO_STRING

すべての値を文字列にキャストし( TO_VARCHAR を使用)、それらを連結(2番目の引数の文字列を使用して要素を分離)することにより、文字列に変換された入力配列を返します。

半構造化データ関数

ARRAYS_OVERLAP

2つの配列に共通の要素が少なくとも1つあるかどうかを比較します。

半構造化データ関数

AS_<object_type>

この関数のファミリーを使用して、 VARIANT 値を他のデータ型に厳密にキャストできます。

半構造化データ関数

AS_ARRAY

VARIANT 値を配列にキャストします。

半構造化データ関数

AS_BINARY

VARIANT 値をバイナリ文字列にキャストします。

半構造化データ関数

AS_BOOLEAN

VARIANT 値を BOOLEAN 値にキャストします。

半構造化データ関数

AS_CHAR , AS_VARCHAR

VARIANT 値を文字列にキャストします。

半構造化データ関数

AS_DATE

VARIANT 値を日付にキャストします。

半構造化データ関数

AS_DECIMAL , AS_NUMBER

オプションの精度とスケールを使用して、 VARIANT 値を固定小数点10進数にキャストします(浮動小数点値とは一致しない)。

半構造化データ関数

AS_DOUBLE , AS_REAL

VARIANT 値を浮動小数点値にキャストします。

半構造化データ関数

AS_INTEGER

VARIANT 値を整数にキャストします。

半構造化データ関数

AS_OBJECT

VARIANT 値をオブジェクトにキャストします。

半構造化データ関数

AS_TIME

VARIANT 値を時間値にキャストします。

半構造化データ関数

AS_TIMESTAMP_*

VARIANT 値をそれぞれの TIMESTAMP 値にキャストします。

半構造化データ関数

ASCII

文字列の最初の文字の ASCII コードを返します。

文字列とバイナリ関数

ASIN

引数の逆正弦(アークサイン)を計算します。結果は、 [-pi, pi] の間の数値になります。

数値関数

ASINH

因数の逆(アーク)双曲正弦を計算します。

数値関数

ATAN

引数の逆正接(アークタンジェント)を計算します。結果は、 [-pi, pi] 間の数値になります。

数値関数

ATAN2

2つの引数の比の逆正接(アークタンジェント)を計算します。

数値関数

ATANH

引数の逆(アーク)双曲正接を計算します。

数値関数

AUTOMATIC_CLUSTERING_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の特定のテーブルの 自動クラスタリング 履歴をクエリするために使用されます。

情報スキーマテーブル関数

AVG

NULL 以外のレコードの平均を返します。

集計関数ウィンドウ関数

B

BASE64_DECODE_BINARY

Base64でエンコードされた文字列をバイナリにデコードします。

文字列とバイナリ関数

BASE64_DECODE_STRING

Base64でエンコードされた文字列を文字列にデコードします。

文字列とバイナリ関数

BASE64_ENCODE

Base64エンコーディングを使用して入力(文字列またはバイナリ)をエンコードします。

文字列とバイナリ関数

[ NOT ] BETWEEN

入力式(数値または文字列)が指定された下限および上限内にある場合、 TRUE を返します。

条件式関数

BIT_LENGTH

文字列またはバイナリ値の長さをビット単位で返します。

文字列とバイナリ関数

BITAND

2つの数値式のビット単位 AND を返します。

ビット単位の式関数

BITAND_AGG

グループ内のすべての非NULL 数値レコードのビット単位の AND 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数ビット単位の式関数

BITNOT

数値式のビット単位の否定を返します。

ビット単位の式関数

BITOR

2つの数値式のビット単位 OR を返します。

ビット単位の式関数

BITOR_AGG

グループ内のすべての非NULL 数値レコードのビット単位の OR 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数ビット単位の式関数

BITSHIFTLEFT

数値式 n のビットを左にシフトします。

ビット単位の式関数

BITSHIFTRIGHT

数値式 n のビットを右にシフトします。

ビット単位の式関数

BITXOR

2つの数値式のビット単位 XOR を返します。

ビット単位の式関数

BITXOR_AGG

グループ内のすべての非NULL 数値レコードのビット単位の XOR 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数ビット単位の式関数

BOOLAND

2つの数値式のブール値 AND を計算します。

条件式関数

BOOLAND_AGG

グループ内のすべての非 NULL ブール値レコードの論理(ブール値) AND 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数条件式関数

BOOLNOT

単一の数値式のブール値 NOT を計算します。

条件式関数

BOOLOR

2つの数値式のブール値 OR を計算します。

条件式関数

BOOLOR_AGG

グループ内のすべての非 NULL ブール値レコードの論理(ブール値) OR 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数条件式関数

BOOLXOR

2つの数値式のブール XOR を計算します(両方の式ではなく、一方の式が TRUE)。

条件式関数

BOOLXOR_AGG

グループ内のすべての非 NULL ブール値レコードの論理(ブール値) XOR 値を返します。

集計関数ウィンドウ関数条件式関数

C

CASE

カスケードの「if-then-else」ステートメントのように機能します。

条件式関数

CAST 、 ::

あるデータ型の値を別のデータ型に変換します。

変換関数

CBRT

数値式の3乗ルートを返します。

数値関数

CEIL

入力式 の値を最も近い整数以上に四捨五入した値、または小数点以下の指定した桁数で最も近い等しい値以上に四捨五入した値を返します。

数値関数

CHARINDEX

2番目の引数で最初の引数が最初に出現する場所を検索し、成功した場合は、2番目の引数で最初の引数の位置(1ベース)を返します。

文字列とバイナリ関数

CHECK_JSON

JSON ドキュメントの有効性を確認します。

半構造化データ関数

CHECK_XML

XML ドキュメントの有効性を確認します。

半構造化データ関数

CHR , CHAR

Unicodeコードポイント(7ビット ASCIIを含む)を、入力Unicodeに一致する文字に変換します。

文字列とバイナリ関数

COALESCE

引数内の最初の非NULL 式を返します。またはすべての引数が NULL の場合は NULLを返します。

条件式関数

COLLATE

元の文字列のコピーを返しますが、元の 照合仕様 プロパティではなく、指定された 照合仕様 プロパティを使用します。

文字列とバイナリ関数

COLLATION

式の照合仕様を返します。

文字列とバイナリ関数

COMPRESS

入力文字列またはバイナリ値を圧縮方法で圧縮します。

文字列とバイナリ関数

CONCAT , ||

1つ以上の文字列を連結するか、1つ以上のバイナリ値を連結します。

文字列とバイナリ関数

CONCAT_WS

2つ以上の文字列を連結するか、2つ以上のバイナリ値を連結します。

文字列とバイナリ関数

CONDITIONAL_CHANGE_EVENT

現在の行の引数 式1 の値が前の行の 式1 の値と異なる場合、ウィンドウパーティション内の各行のウィンドウイベント番号を返します。

ウィンドウ関数

CONDITIONAL_TRUE_EVENT

ブール値引数 式1 の結果に基づいて、ウィンドウパーティション内の各行のウィンドウイベント番号を返します。

ウィンドウ関数

CONTAINS

式1式2 が含まれる場合、trueを返します。

文字列とバイナリ関数

CONVERT_TIMEZONE

タイムスタンプを別のタイムゾーンに変換します。

日付と時刻の関数

COPY_HISTORY

このテーブル関数を使用して、さまざまなディメンションに沿ってSnowflakeデータのロード履歴をクエリできます。

情報スキーマテーブル関数

CORR

グループ内のnull以外のペアの相関係数を返します。

集計関数ウィンドウ関数

COS

引数の余弦を計算します。引数はラジアンで表現する必要があります。

数値関数

COSH

引数の双曲線余弦を計算します。

数値関数

COT

引数の余接を計算します。引数はラジアンで表現する必要があります。

数値関数

COUNT

指定した列のNULL 以外のレコードの数、またはレコードの合計数を返します。

集計関数ウィンドウ関数

COUNT_IF

条件を満たすレコードの数を返します。

集計関数ウィンドウ関数

COVAR_POP

グループ内のnull以外のペアの母共分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

COVAR_SAMP

グループ内のnull以外のペアのサンプル共分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

CUME_DIST

同じウィンドウパーティション内の他の値に関する値の累積分布を検索します。

ウィンドウ関数

CURRENT_ACCOUNT

ユーザーの現在のセッションで使用されているアカウントを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_CLIENT

関数が呼び出されたクライアントのバージョンを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_DATABASE

現在のセッションで使用中のデータベースの名前を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_DATE

システムの現在の日付を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_REGION

現在のユーザーがログインしているアカウントの地域の名前を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_ROLE

現在のセッションで使用中のロールの名前を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_SCHEMA

現在のセッションで使用中のスキーマの名前を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_SCHEMAS

アクティブな検索パススキーマを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_SESSION

現在の接続に対応するSnowflakeセッションの一意のシステム識別子を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_STATEMENT

現在実行中のステートメントの SQL テキストを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_TIME

システムの現在の時刻を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_TIMESTAMP

システムの現在のタイムスタンプを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_TRANSACTION

現在のセッションで開いているトランザクションのトランザクションIDを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_USER

現在システムにログインしているユーザーの名前を返します。

コンテキスト関数

CURRENT_VERSION

現在のSnowflakeのバージョンを返します。

コンテキスト関数

CURRENT_WAREHOUSE

現在のセッションで使用中のウェアハウスの名前を返します。

コンテキスト関数

D

DATA_TRANSFER_HISTORY

このテーブル関数を使用して、Snowflakeテーブルから別のクラウドストレージプロバイダーのネットワークに転送( AWS 上のSnowflake、Google Cloud Platform、またはMicrosoft Azureから、他のクラウドプロバイダーのネットワークへ)されたデータの履歴、および/または指定された日付範囲内の地理的地域のクエリを実行できます。

情報スキーマテーブル関数

DATABASE_REFRESH_HISTORY

セカンダリデータベースの更新履歴を返します。

情報スキーマテーブル関数

DATABASE_REFRESH_PROGRESS , DATABASE_REFRESH_PROGRESS_BY_JOB

DATABASE_REFRESH_PROGRESS ファミリーの関数を使用して、さまざまなディメンションに沿ってデータベースの更新のステータスをクエリできます。

情報スキーマテーブル関数

DATABASE_STORAGE_USAGE_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の単一のデータベース(またはアカウント内のすべてのデータベース)の1日の平均ストレージ使用量をバイト単位でクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

DATE_FROM_PARTS

年、月、月の日付を表す個別の数値コンポーネントから日付を作成します。

日付と時刻の関数

DATE_PART

日付、時刻、またはタイムスタンプから指定された日付または時刻部分を抽出します。

日付と時刻の関数

DATE_TRUNC

DATETIME、または TIMESTAMP を指定された精度に切り捨てます。

日付と時刻の関数

DATEADD

指定された日付または時刻部分の指定された値を日付、時刻、またはタイムスタンプに追加します。

日付と時刻の関数

DATEDIFF

要求された日付または時刻の部分に基づいて、2つの日付、時刻、またはタイムスタンプ式の差を計算します。

日付と時刻の関数

DAYNAME

指定した日付またはタイムスタンプから3文字の曜日名を抽出します。

日付と時刻の関数

DECODE

選択式を各検索式と順番に比較します。

条件式関数

DECOMPRESS_BINARY

圧縮された BINARY 入力パラメーターを解凍します。

文字列とバイナリ関数

DECOMPRESS_STRING

文字列に圧縮された BINARY 入力パラメーターを解凍します。

文字列とバイナリ関数

DECRYPT

VARCHAR パスフレーズを使用して BINARY 値を復号化します。

暗号化機能

DECRYPT_RAW

BINARY キーを使用して BINARY 値を復号化します。

暗号化機能

DEGREES

ラジアンを度に変換します。

数値関数

DENSE_RANK

値のグループ内にある値のランクを返します。ランクにギャップはありません。

ウィンドウ関数

DIV0

除算演算子(/)のように除算を実行しますが、除数が0の場合は(エラーを報告するのではなく)0を返します。

数値関数

E

EDITDISTANCE

2つの入力文字列間のレーベンシュタイン距離を計算します。

文字列とバイナリ関数

ENCRYPT

VARCHAR パスフレーズを使用して VARCHAR または BINARY 値を暗号化します。

暗号化機能

ENCRYPT_RAW

BINARY キーを使用して BINARY 値を暗号化します。

暗号化機能

ENDSWITH

最初の式が2番目の式で終わる場合、 TRUE を返します。

文字列とバイナリ関数

EQUAL_NULL

2つの式が等しいかどうかを比較します。

条件式関数

EXP

オイラー数 e を浮動小数点値に累乗して計算します。

数値関数

EXPLAIN_JSON

この関数は、 EXPLAIN プランを JSON からテーブルに変換します。

システム関数

EXTERNAL_FUNCTIONS_HISTORY

このテーブル関数は、Snowflakeアカウント全体に対してSnowflakeによって呼び出された外部関数の履歴を取得します。

情報スキーマテーブル関数

EXTERNAL_TABLE_FILES

このテーブル関数は、指定された 外部テーブル のメタデータに含まれるステージングされたデータファイルに関する情報をクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

EXTERNAL_TABLE_FILE_REGISTRATION_HISTORY

このテーブル関数は、次のような外部テーブルのメタデータ履歴に関する情報をクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

EXTRACT

日付、時刻、またはタイムスタンプから指定された日付または時刻部分を抽出します。

日付と時刻の関数

F

FACTORIAL

入力の階乗を計算します。

数値関数

FIRST_VALUE

値が順序付けられたグループ内の最初の値を返します。

ウィンドウ関数

FLATTEN

複合値を複数の行にフラット化(展開)します。

テーブル関数半構造化データ関数

FLOOR

入力式 から値を、最も近い整数以下、または小数点以下の指定された桁数で最も近い整数以下に四捨五入した値を返します。

数値関数

G

GENERATOR

指定された行数、指定された生成期間(秒単位)、またはその両方に基づいてデータの行を作成します。

テーブル関数

GET

オブジェクトまたは配列から値を抽出します。引数のいずれかが NULL の場合、 NULLを返します。

半構造化データ関数

GET_DDL

指定されたオブジェクトを再作成するために使用できる DDL ステートメントを返します。

ユーティリティとハッシュ関数

GET_IGNORE_CASE

オブジェクトからフィールドの値を抽出します。引数のいずれかが NULL の場合、 NULLを返します。

半構造化データ関数

GET_OBJECT_REFERENCES

指定されたオブジェクトが参照するオブジェクトのリストを返します。

テーブル関数

GET_PATH 、 :

パス名を使用して半構造化データから値を抽出します。

半構造化データ関数

GETBIT

INTEGER 値を指定すると、指定した位置のビットの値を返します。

ビット単位の式関数

GREATEST

式のリストから最大値を返します。

条件式関数

GROUPING

GROUP BY クエリによって生成された行にグループ化される式のリストを記述します。

集計関数

GROUPING_ID

GROUP BY クエリによって生成された行にグループ化される式のリストを記述します。

集計関数

H

HASH

符号付き64ビットのハッシュ値を返します。

ユーティリティとハッシュ関数

HASH_AGG

入力行の(順序付けられていない)セットの符号付き64ビットハッシュ値の集約を返します。

集計関数ウィンドウ関数

HAVERSINE

Haversine公式を使用して、地球の表面上の2点間の大圏距離をキロメートル単位で計算します。

数値関数

HEX_DECODE_BINARY

16進数でエンコードされた文字列をバイナリにデコードします。

文字列とバイナリ関数

HEX_DECODE_STRING

16進数でエンコードされた文字列を文字列にデコードします。

文字列とバイナリ関数

HEX_ENCODE

16進数(「hex」または「base16」)エンコードを使用して入力をエンコードします。

文字列とバイナリ関数

HLL

HyperLogLog を使用して、入力の異なるカーディナリティの近似値を返します(つまり、 HLL(col1, col2, ... )COUNT(DISTINCT col1, col2, ... ) の近似値を返します)。

集計関数ウィンドウ関数

HLL_ACCUMULATE

集約の終了時に HyperLogLog 状態を返します。

集計関数ウィンドウ関数

HLL_COMBINE

入力状態を単一の出力状態に結合(マージ)します。

集計関数ウィンドウ関数

HLL_ESTIMATE

指定された HyperLogLog 状態のカーディナリティの推定値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

HLL_EXPORT

BINARY 形式の入力を OBJECT 形式に変換します。

集計関数ウィンドウ関数

HLL_IMPORT

OBJECT 形式の入力を BINARY 形式に変換します。

集計関数ウィンドウ関数

HOUR / MINUTE / SECOND

時間またはタイムスタンプ値から対応する時間部分を抽出します。

日付と時刻の関数

I

IFF

単一レベルの if-then-else 式です。

条件式関数

IFNULL

式1 が NULLの場合、 式2 を返します。それ以外の場合は 式1 を返します。

条件式関数

ILIKE

パターンとの比較に基づいて文字列の一致を許可します。

文字列とバイナリ関数

ILIKE ANY

1つ以上のパターンとの比較に基づいて、大文字と小文字を区別しない文字列の一致を許可します。

文字列とバイナリ関数

[ NOT ] IN

引数が明示的リストのメンバーの1つであるか、サブクエリの結果であるかをテストします。

条件式関数

INITCAP

入力文字列()を返します。各単語の最初の文字は大文字で、後続の文字は小文字です。

文字列とバイナリ関数

INSERT

指定された位置から始まる指定された長さのサブ文字列を、新しい文字列またはバイナリ値で置き換えます。

文字列とバイナリ関数

INVOKER_ROLE

クエリを実行するオブジェクトのロール名を返します。

コンテキスト関数

INVOKER_SHARE

クエリがデータ共有コンシューマーから呼び出された場合は共有名を返し、クエリがプロバイダーアカウントユーザーから呼び出された場合はnullを返します。

コンテキスト関数

IS [ NOT ] DISTINCT FROM

2つの式が等しい(または等しくない)かどうかを比較します。

条件式関数

IS [ NOT ] NULL

式が NULL であるか、 NULL でないかを決定します。

条件式関数

IS_<object_type>

この関数ファミリーは、 VARIANT 列に保存されている値のデータ型を決定するために使用できるブール述語として機能します。

半構造化データ関数

IS_ARRAY

VARIANT 引数に ARRAY 値が含まれる場合、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_BINARY

VARIANT 引数にバイナリ文字列が含まれる場合、TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_BOOLEAN

VARIANT 引数にブール値が含まれている場合、TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_CHAR , IS_VARCHAR

VARIANT 引数に文字列値が含まれる場合、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_DATE , IS_DATE_VALUE

VARIANT 値に DATE 値が含まれているかどうかを検証します。

半構造化データ関数

IS_DECIMAL

VARIANT 引数に固定小数点の10進値または整数が含まれている場合、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_DOUBLE , IS_REAL

VARIANT 引数に浮動小数点値、固定小数点、または整数が含まれている場合は、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_GRANTED_TO_INVOKER_ROLE

INVOKER_ROLE 関数によって返されたロールが引数で指定されたロールの権限を継承する場合は、 TRUE を返します。

コンテキスト関数

IS_INTEGER

VARIANT 引数に整数値が含まれる場合、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_NULL_VALUE

VARIANT 引数が JSON null値の場合、trueを返します。

条件式関数半構造化データ関数

IS_OBJECT

VARIANT 引数に OBJECT 値が含まれる場合は、 TRUE を返します。

半構造化データ関数

IS_ROLE_IN_SESSION

引数で渡されたロール名がセッションでアクティブ化されたロールの1つである場合は、 TRUE を返します(つまり、 CURRENT_ROLE 関数によって返されるロールは指定されたロールの権限を継承)。

コンテキスト関数

IS_TIME

VARIANT 値に TIME 値が含まれているかどうかを検証します。

半構造化データ関数

IS_TIMESTAMP_*

VARIANT 値にそれぞれの TIMESTAMP 値が含まれているかどうかを検証します。

半構造化データ関数

J

JSON_EXTRACT_PATH_TEXT

最初の引数を JSON 文字列として解析し、2番目の引数のパスが指す要素の値を返します。

半構造化データ関数

K

KURTOSIS

NULL 以外のレコードの母集団における過剰尖度を返します。

集計関数ウィンドウ関数

L

LAG

テーブルをそれ自体に結合することなく、同じ結果セットの前の行のデータにアクセスします。

ウィンドウ関数

LAST_DAY

日付またはタイムスタンプの、指定された日付部分の最終日を返します。

日付と時刻の関数

LAST_QUERY_ID

現在のセッションで指定されたクエリの ID を返します。

コンテキスト関数

LAST_TRANSACTION

現在のセッションでコミットまたはロールバックされた、最後のトランザクションのトランザクション ID を返します。

コンテキスト関数

LAST_VALUE

値が順序付けられたグループ内の最後の値を返します。

ウィンドウ関数

LEAD

テーブルをそれ自体に結合することなく、同じ結果セットの後続の行のデータにアクセスします。

ウィンドウ関数

LEAST

式のリストから最小値を返します。

条件式関数

LEFT

入力の左端のサブ文字列を返します。

文字列とバイナリ関数

LENGTH, LEN

入力文字列の長さ、またはバイナリ値を返します。

文字列とバイナリ関数

LIKE

パターンとの比較に基づいて、大文字と小文字を区別して文字列を照合します。

文字列とバイナリ関数

LIKE ALL

1つ以上のパターンとの比較に基づいて、大文字と小文字を区別して文字列を照合します。

文字列とバイナリ関数

LIKE ANY

1つ以上のパターンとの比較に基づいて、大文字と小文字を区別して文字列を照合します。

文字列とバイナリ関数

LISTAGG

区切り文字 文字列で区切られた、連結された入力値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

LN

数値式の自然対数を返します。

数値関数

LOCALTIME

システムの現在の時刻を返します。

コンテキスト関数

LOCALTIMESTAMP

システムの現在のタイムスタンプを返します。

コンテキスト関数

LOG

数値式の対数を返します。

数値関数

LOGIN_HISTORY , LOGIN_HISTORY_BY_USER

LOGIN_HISTORY ファミリーのテーブル関数を使用して、Snowflakeユーザーによるさまざまなディメンションに沿ったログイン試行をクエリできます。

情報スキーマテーブル関数

LOWER

入力文字列()のすべての文字を小文字に変換して返します。

文字列とバイナリ関数

LPAD

別の文字列の文字を文字列の左に埋め込むか、別のバイナリ値のバイトをバイナリ値の左に埋め込みます。

文字列とバイナリ関数

LTRIM

空白を含む、先頭の文字を文字列から削除します。

文字列とバイナリ関数

M

MATERIALIZED_VIEW_REFRESH_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の指定されたマテリアライズドビューの マテリアライズドビュー 更新履歴のクエリに使用されます。

情報スキーマテーブル関数

MD5 , MD5_HEX

128ビットの MD5 メッセージダイジェストを含む32文字の16進数でエンコードされた文字列を返します。

文字列とバイナリ関数

MD5_BINARY

128ビットの MD5 メッセージダイジェストを含む16バイトの BINARY 値を返します。

文字列とバイナリ関数

MD5_NUMBER --- 廃止

符号付き128ビットのビッグエンディアン番号として解釈される128ビットの MD5 メッセージダイジェストを返します。

文字列とバイナリ関数

MEDIAN

値のセットの中央値を決定します。

集計関数ウィンドウ関数

MIN / MAX

内のレコードの最小値または最大値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

MINHASH

入力行に k 個の異なるハッシュ関数を適用し、各ハッシュ関数の最小値を保持することにより構築されたサイズ k の配列を含む MinHash 状態を返します。

集計関数ウィンドウ関数

MINHASH_COMBINE

入力 MinHash 状態を単一の MinHash 出力状態に結合します。

集計関数ウィンドウ関数

MOD

入力 式1 を、入力 式2 で割った余りを返します。

数値関数

MODE

式1 内の値の中で最も頻度の高い値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

MONTHNAME

指定した日付またはタイムスタンプから3文字の月名を抽出します。

日付と時刻の関数

N

NEXT_DAY

入力日付の後に発生する最初に指定された DOW (曜日)の日付を返します。

日付と時刻の関数

NORMAL

指定された 平均 および 標準偏差 で正規分布の浮動小数点数を返します。

データ生成関数

NTH_VALUE

値が順序付けられたグループ内のn番目の値(最大1000)を返します。

ウィンドウ関数

NTILE

順序付けられたデータセットを、 定数値 で指定されたバケットの数に均等に分割します。

ウィンドウ関数

NULLIF

式1式2 と等しい場合は NULL を返し、それ以外の場合は 式1 を返します。

条件式関数

NULLIFZERO

引数が 0 と評価された場合は NULL を返します。それ以外の場合は、引数を返します。

条件式関数

NVL

式1 が NULLの場合、 式2 を返します。それ以外の場合は 式1 を返します。

条件式関数

NVL2

最初の入力が NULLかどうかに応じて値を返します。

条件式関数

O

OBJECT_AGG

グループごとに1つの OBJECT を返します。

集計関数ウィンドウ関数半構造化データ関数

OBJECT_CONSTRUCT

引数から構築された OBJECT を返します。

半構造化データ関数

OBJECT_DELETE

1つ以上のキーが削除された入力(ソース)オブジェクトのコンテンツを含むオブジェクトを返します。

半構造化データ関数

OBJECT_INSERT

新しいキーと値のペアが挿入された入力オブジェクト(または新しい値で更新された既存のキー)で構成されるオブジェクトを返します。

半構造化データ関数

OBJECT_KEYS

入力オブジェクトのキーのリストを含む配列を返します。

半構造化データ関数

OBJECT_PICK

既存のオブジェクトからのキーと値のペアのいくつかを含む新しい OBJECT を返します。

半構造化データ関数

OCTET_LENGTH

文字列またはバイナリ値の長さをバイト単位で返します。

文字列とバイナリ関数

P

PARSE_IP

有効な INET (インターネットプロトコル)または CIDR (クラスレスインターネットドメインルーティング) IPv4 または IPv6 文字列のすべてのコンポーネントで構成される JSON オブジェクトを返します。

文字列とバイナリ関数

PARSE_JSON

入力文字列を JSON ドキュメントとして解釈し、 VARIANT 値を生成します。

半構造化データ関数

PARSE_URL

有効な入力 URL/URIのすべてのコンポーネント(フラグメント、ホスト、パス、ポート、クエリ、スキーム)で構成される JSON オブジェクトを返します。

文字列とバイナリ関数

PARSE_XML

入力文字列を XML ドキュメントとして解釈し、 OBJECT 値を生成します。

半構造化データ関数

PERCENT_RANK

値のグループ内における、値の相対ランクを返します。ランクは、0.0から1.0の範囲の割合で指定されます。

ウィンドウ関数

PERCENTILE_CONT

入力列の連続分布( ORDER BY式 で指定)に基づいてパーセンタイル値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

PERCENTILE_DISC

入力列の離散分布(ORDER BY式 で指定)に基づいてパーセンタイル値を返します。

集計関数ウィンドウ関数

PI

piの値を浮動小数点値として返します。

数値関数

PIPE_USAGE_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内で Snowpipe を使用して、Snowflakeテーブルにロードされたデータの履歴をクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

POLICY_REFERENCES

列に指定された 列レベルのセキュリティ マスキングポリシーが設定されているすべてのオブジェクト(つまり、テーブル、ビューなど)のリストを返します。

情報スキーマテーブル関数

POSITION

2番目の引数で最初の引数が最初に出現する場所を検索し、成功した場合は、2番目の引数で最初の引数の位置(1ベース)を返します。

文字列とバイナリ関数

POW, POWER

指定された数値(y)を指数とする累乗値(x)を返します。

数値関数

PREVIOUS_DAY

入力日付の前に発生する最初に指定された DOW (曜日)の日付を返します。

日付と時刻の関数

Q

QUERY_HISTORY , QUERY_HISTORY_BY_*

QUERY_HISTORY ファミリーのテーブル関数を使用して、さまざまなディメンションに沿ってSnowflakeクエリ履歴をクエリできます。

情報スキーマテーブル関数

R

RADIANS

度をラジアンに変換します。

数値関数

RANDOM

各呼び出しは、擬似ランダム64ビット整数を返します。

データ生成関数

RANDSTR

指定された 長さ のランダムな文字列を返します。

データ生成関数

RANK

値が順序付けられたグループ内の値のランクを返します。

ウィンドウ関数

RATIO_TO_REPORT

グループ内の値の合計に対する、グループ内の値の比率を返します。

ウィンドウ関数

REGEXP

サブジェクトが指定されたパターンに一致する場合、trueを返します。

文字列関数(正規表現)

REGEXP_COUNT

文字列でパターンが発生する回数を返します。

文字列関数(正規表現)

REGEXP_INSTR

文字列サブジェクト内の正規表現パターンの指定された出現の位置を返します。

文字列関数(正規表現)

REGEXP_LIKE

サブジェクトがパターンに一致する場合、trueを返します。

文字列関数(正規表現)

REGEXP_REPLACE

指定されたパターン(またはパターンのすべての出現)が削除されたか、置換文字列に置き換えられたサブジェクトを返します。

文字列関数(正規表現)

REGEXP_SUBSTR

文字列内の正規表現に一致するサブ文字列を返します。

文字列関数(正規表現)

REGR_AVGX

グループ内のnull以外のペアの独立変数の平均を返します。 x は独立変数で、 y は従属変数です。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_AVGY

グループ内のnull以外のペアの従属変数の平均を返します。 x は独立変数で、 y は従属変数です。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_COUNT

グループ内のnull以外の数値ペアの数を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_INTERCEPT

グループ内のnull以外のペアの単変量線形回帰線の切片を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_R2

グループ内のnull以外のペアの決定係数を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_SLOPE

グループ内のnull以外の線形回帰直線の傾きを返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_SXX

null以外のペアの場合、REGR_COUNT(y、x)*VAR_POP(x)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_SXY

null以外のペアの場合、 REGR_COUNT(式1、式2)* COVAR_POP(式1、式2)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_SYY

null以外のペアの場合、 REGR_COUNT(y、x)* VAR_POP(y)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

REGR_VALX

最初の引数が NULLの場合、 NULL を返します。それ以外の場合は、2番目の引数を返します。

条件式関数

REGR_VALY

2番目の引数が NULLの場合、 NULL を返します。それ以外の場合は、最初の引数を返します。

条件式関数

REPEAT

指定された回数だけ入力を繰り返すことにより、文字列を作成します。

文字列とバイナリ関数

REPLACE

指定されたサブ文字列のすべての出現を削除し、オプションでそれらを別の文字列に置き換えます。

文字列とバイナリ関数

REPLICATION_USAGE_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の指定されたデータベースの複製履歴をクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

REST_EVENT_HISTORY

指定された時間間隔でSnowflakeに対して行われた SCIM REST API リクエストのリストを返します。

テーブル関数

RESULT_SCAN

結果がテーブルであるかのように、以前のコマンドの結果セット(クエリを実行した24時間以内)を返します。

テーブル関数

REVERSE

文字列の文字の順序、またはバイナリ値のバイトの順序を逆にします。

文字列とバイナリ関数

RIGHT

入力の右端のサブ文字列を返します。

文字列とバイナリ関数

RLIKE

サブジェクトが指定されたパターンに一致する場合、trueを返します。

文字列関数(正規表現)

ROUND

入力式 の四捨五入された値を返します。

数値関数

ROW_NUMBER

ウィンドウパーティション内の各行に一意の行番号を返します。

ウィンドウ関数

RPAD

別の文字列の文字を文字列の右に埋め込むか、別のバイナリ値のバイトをバイナリ値の右に埋め込みます。

文字列とバイナリ関数

RTRIM

空白を含む末尾の文字を文字列から削除します。

文字列とバイナリ関数

RTRIMMED_LENGTH

引数の長さから、末尾の空白を引いたものを返しますが、先頭の空白を含みます。

文字列とバイナリ関数

S

SEARCH_OPTIMIZATION_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内にある指定されたテーブルの 検索最適化サービス のメンテナンス履歴をクエリするために使用されます。

情報スキーマテーブル関数

SEQ1 / SEQ2 / SEQ4 / SEQ8

単調に増加する整数のシーケンスをラップアラウンドで返します。

データ生成関数

SHA1 , SHA1_HEX

160ビットの SHA-1メッセージダイジェストを含む40文字の16進数でエンコードされた文字列を返します。

文字列とバイナリ関数

SHA1_BINARY

160ビットの SHA-1メッセージダイジェストを含む20バイトのバイナリを返します。

文字列とバイナリ関数

SHA2 , SHA2_HEX

Nビットの SHA-2メッセージダイジェストを含む16進数でエンコードされた文字列列を返します。Nは指定された出力ダイジェストサイズです。

文字列とバイナリ関数

SHA2_BINARY

Nビット SHA-2メッセージダイジェストを含むバイナリを返します。Nは指定された出力ダイジェストサイズです。

文字列とバイナリ関数

SIGN

引数の符号を返します。

数値関数

SIN

引数のサインを計算します。引数はラジアンで表現する必要があります。

数値関数

SINH

引数の双曲正弦を計算します。

数値関数

SKEW

NULL 以外のレコードのサンプルの歪度を返します。

集計関数

SOUNDEX

入力文字列の音声表現を含む文字列を返します。

文字列とバイナリ関数

SPACE

指定された数の空白スペースで構成される文字列を作成します。

文字列とバイナリ関数

SPLIT

特定の区切り文字で特定の文字列を分割し、結果を文字列の配列で返します。

文字列とバイナリ関数

SPLIT_PART

指定された文字列を分割し、要求された部分を返します。

文字列とバイナリ関数

SPLIT_TO_TABLE

このテーブル関数は、文字列を分割(指定された区切り文字に基づく)し、結果を行にフラット化します。

文字列とバイナリ関数テーブル関数

SQRT

負以外の数値式の平方根を返します。

数値関数

SQUARE

数値式の二乗、つまり、それ自体に乗算された数値式を返します。

数値関数

ST_AREA

GEOGRAPHY オブジェクト内のポリゴンの面積を平方メートルで返します。

地理空間関数

ST_ASEWKB

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値のバイナリ表現を EWKB (周知のバイナリ) 形式で返します。

地理空間関数

ST_ASEWKT

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値のテキスト(VARCHAR)表現を EWKT (周知のテキスト) 形式で返します。

地理空間関数

ST_ASGEOJSON

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値の GeoJSON 表現を返します。

地理空間関数

ST_ASWKB , ST_ASBINARY

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値のバイナリ表現を WKB (既知のバイナリ)形式で返します。

地理空間関数

ST_ASWKT , ST_ASTEXT

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、その値のテキスト( VARCHAR )表現を WKT (周知のテキスト)形式で返します。

地理空間関数

ST_AZIMUTH

2つのポイントを指定すると、2つのポイントによって形成される線分の方位角(ラジアン)を返します。

地理空間関数

ST_CENTROID

地理空間オブジェクトの幾何学的中心を表すポイントを返します。

地理空間関数

ST_COLLECT

ST_COLLECT には2つの形式があります。

地理空間関数

ST_CONTAINS

直感的に、この関数は、2番目の地理空間オブジェクトが完全に最初の地理空間オブジェクト内にある場合に TRUE を返します。

地理空間関数

ST_COVEREDBY

これは、geography g1のどの地点もgeography g2の外側にない場合にtrueを返します。

地理空間関数

ST_COVERS

これは、geography g2のどの地点もgeography g1の外にない場合にtrueを返します。

地理空間関数

ST_DIMENSION

GEOGRAPHY 型の値を指定すると、値の「ディメンション」を返します。

地理空間関数

ST_DISJOINT

2つのオブジェクトが互いに素である(つまり、空間の任意の部分を共有しない)場合に TRUE を返します。

地理空間関数

ST_DISTANCE

2つの地理空間オブジェクト間の最小測地距離(メートル単位)を返します。

地理空間関数

ST_DWITHIN

2点間の最小測地線距離が指定された距離内にある場合は、 TRUE を返します。

地理空間関数

ST_ENVELOPE

指定された GEOGRAPHY オブジェクトを囲む最小の境界ボックス(長方形の「エンベロープ」)を返します。

地理空間関数

ST_GEOGFROMGEOHASH

geohash の境界を表すポリゴンの GEOGRAPHY オブジェクトを返します。

地理空間関数変換関数

ST_GEOGRAPHYFROMWKB

WKB または EWKB 入力を解析し、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

地理空間関数変換関数

ST_GEOGRAPHYFROMWKT

WKT または EWKT 入力を解析し、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

地理空間関数変換関数

ST_GEOHASH

地理空間オブジェクトの geohash を返します。

地理空間関数

ST_HAUSDORFFDISTANCE

2つの地理空間オブジェクト間の離散 ハウスドルフ距離 を返します。

地理空間関数

ST_INTERSECTS

2つのオブジェクトが交差する(つまり、空間の任意の部分を共有する)場合に TRUE を返します。

地理空間関数

ST_LENGTH

GEOGRAPHY オブジェクト内におけるラインストリングの測地線の長さをメートル単位で返します。

地理空間関数

ST_MAKELINE

入力オブジェクトのポイントを結ぶ線を表す GEOGRAPHY オブジェクトを作成します。

地理空間関数

ST_MAKEPOINT , ST_POINT

指定された経度と緯度のポイントを含む GEOGRAPHY 値を作成します。

地理空間関数

ST_MAKEPOLYGON , ST_POLYGON

指定されたラインストリングを外部ループとして使用し、穴のないポリゴンを含む GEOGRAPHY 値を作成します。

地理空間関数

ST_NPOINTS , ST_NUMPOINTS

GEOGRAPHY オブジェクトのポイント数を返します。

地理空間関数

ST_PERIMETER

GEOGRAPHY オブジェクト内におけるポリゴンの外周の測地線長をメートルで返します。

地理空間関数

ST_SIMPLIFY

線またはポリゴンを表す入力 GEOGRAPHY オブジェクトを指定すると、オブジェクトのより単純な近似を返します。

地理空間関数

ST_SRID

GEOGRAPHY 値の SRID (空間参照系識別子)を返します。

地理空間関数

ST_WITHIN

最初の地理空間オブジェクトg1が2番目の地理空間オブジェクトg2に完全に含まれている場合は、trueを返します。

地理空間関数

ST_X

ポイントの経度(X座標)を返します。

地理空間関数

ST_XMAX

引数に含まれるすべてのポイントの最大経度(X座標)を返します。

地理空間関数

ST_XMIN

引数に含まれるすべてのポイントの最小経度(X座標)を返します。

地理空間関数

ST_Y

ポイントの緯度(Y座標)を返します。

地理空間関数

ST_YMAX

引数に含まれるすべてのポイントの最大緯度(Y座標)を返します。

地理空間関数

ST_YMIN

引数に含まれるすべてのポイントの最小緯度(Y座標)を返します。

地理空間関数

STAGE_STORAGE_USAGE_HISTORY

このテーブル関数は、指定した日付範囲内のアカウントの すべての アカウントのSnowflakeステージの1日あたりの平均データストレージ使用量をバイト単位でクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

STARTSWITH

式1式2 で始まる場合、trueを返します。

文字列とバイナリ関数

STDDEV

NULL 以外の値のサンプル標準偏差(サンプル分散の平方根)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

STDDEV_POP

NULL 以外の値の母標準偏差(分散の平方根)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

STDDEV_SAMP

NULL 以外の値のサンプル標準偏差(サンプル分散の平方根)を返します。

集計関数ウィンドウ関数

STRIP_NULL_VALUE

JSON の「null」値を SQL NULL 値に変換します。

半構造化データ関数

STRTOK

指定された文字列をトークン化し、要求された部分を返します。

文字列とバイナリ関数

STRTOK_SPLIT_TO_TABLE

指定された区切り文字のセットで文字列をトークン化し、結果を行にフラット化します。

文字列とバイナリ関数テーブル関数

STRTOK_TO_ARRAY

指定された区切り文字セットを使用して指定された文字列をトークン化し、トークンを配列として返します。

文字列とバイナリ関数半構造化データ関数

SUBSTR , SUBSTRING

開始式 で指定された文字/バイトから開始し、オプションで長さを制限して、 ベース式 から文字列またはバイナリ値の一部を返します。

文字列とバイナリ関数

SUM

のために NULL 以外のレコードの合計を返します。

集計関数ウィンドウ関数

SYSDATE

システムの現在のタイムスタンプを UTC タイムゾーンで返します。

コンテキスト関数

SYSTEM$ABORT_SESSION

指定されたセッションを中止します。

システム関数

SYSTEM$ABORT_TRANSACTION

指定されたトランザクションが実行中の場合、中止します。

システム関数

SYSTEM$BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE_STATUS

現在のアカウントの指定された動作変更リリースバンドルのステータスを返します。

システム関数

SYSTEM$CANCEL_ALL_QUERIES

指定されたセッションのすべてのアクティブ/実行中のクエリをキャンセルします。

システム関数

SYSTEM$CANCEL_QUERY

指定されたクエリ(またはステートメント)が現在アクティブ/実行中の場合、キャンセルします。

システム関数

SYSTEM$CLUSTERING_DEPTH

指定された列(またはテーブルに定義されたクラスタリングキー)に従ってテーブルの平均深度を計算します。

システム関数

SYSTEM$CLUSTERING_INFORMATION

テーブルの1つ以上の列に基づいて、テーブルの平均クラスタリング深度を含むクラスタリング情報を返します。

システム関数

SYSTEM$CLUSTERING_RATIO --- 非推奨

テーブル内の1つ以上の列に基づいて、テーブルのクラスタリング率を計算します。

システム関数

SYSTEM$CURRENT_USER_TASK_NAME

タスクによって定義されたステートメントまたはストアドプロシージャから呼び出されたときに、現在実行されているタスクの名前を返します。

システム関数

SYSTEM$DATABASE_REFRESH_HISTORY

セカンダリデータベースの更新履歴を示す JSON オブジェクトを返します。

システム関数

SYSTEM$DATABASE_REFRESH_PROGRESS , SYSTEM$DATABASE_REFRESH_PROGRESS_BY_JOB

SYSTEM $ DATABASE_REFRESH_PROGRESS 関数ファミリーを使用して、さまざまなディメンションに沿ったデータベース更新のステータスをクエリできます。

システム関数

SYSTEM$DISABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE

現在のアカウントの指定されたリリースバンドルに含まれる動作の変更を無効にします。

システム関数

SYSTEM$ENABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE

現在のアカウントの指定されたリリースバンドルに含まれる動作の変更を有効にします。

システム関数

SYSTEM$ESTIMATE_SEARCH_OPTIMIZATION_COSTS

指定されたテーブルに 検索最適化 を追加するための推定コストを返します。

システム関数

SYSTEM$EXPLAIN_JSON_TO_TEXT

この関数は、 JSON からの EXPLAIN 出力をフォーマットされたテキストに変換します。

システム関数

SYSTEM$EXPLAIN_PLAN_JSON

SQL ステートメントのテキストを指定すると、この関数は JSON で EXPLAIN プランを生成します。

システム関数

SYSTEM$GENERATE_SAML_CSR

サブジェクトを SAML2統合 に保存されている証明書のサブジェクトに設定して証明書署名要求(CSR)を生成し、 CSR で使用する DN を指定できます。

システム関数

SYSTEM$GENERATE_SCIM_ACCESS_TOKEN

6か月間有効な新しい SCIM アクセストークンを返します。

システム関数

SYSTEM$GET_AWS_SNS_IAM_POLICY

Snowflakeによって作成されたAmazon SQS メッセージキューにトピックをサブスクライブさせるために、Amazon SNS トピックポリシーに追加する必要があるAWS IAM ポリシーステートメントを返します。

システム関数

SYSTEM$GET_PREDECESSOR_RETURN_VALUE

タスクのツリーで先行タスクの戻り値を取得します。

システム関数

SYSTEM$GET_PRIVATELINK_CONFIG

AWS PrivateLink またはAzure Private Linkのセルフサービス構成を容易にするために必要なSnowflakeアカウント情報の JSON 表現を返します。

システム関数

SYSTEM$GET_SNOWFLAKE_PLATFORM_INFO

Snowflakeアカウントが存在する仮想ネットワークの IDs を返します。

システム関数

SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME

テーブルまたはビューで実行された最後の DML 変更のコミット時間を返します。

システム関数

SYSTEM$MIGRATE_SAML_IDP_REGISTRATION

アカウントパラメーター SAML_IDENTITY_PROVIDER で定義されている既存の SAML IDプロバイダー(つまり IdP)構成をセキュリティ統合に移行します。

システム関数

SYSTEM$PIPE_FORCE_RESUME

ALTER PIPE を使用してパイプを強制的に再開します。

システム関数

SYSTEM$PIPE_STATUS

パイプの現在のステータスの JSON 表現を取得します。

システム関数

SYSTEM$SET_RETURN_VALUE

タスクの戻り値を明示的に設定します。

システム関数

SYSTEM$SHOW_OAUTH_CLIENT_SECRETS

クライアントシークレットを文字列で返します。

システム関数

SYSTEM$STREAM_GET_TABLE_TIMESTAMP

ストリームコンテンツが DML ステートメントを使用して最後に消費されたときのトランザクションポイントを示すタイムスタンプを返します。

システム関数

SYSTEM$STREAM_HAS_DATA

指定されたストリームに変更データキャプチャ(CDC)レコードが含まれているかどうかを示します。

システム関数

SYSTEM$TASK_DEPENDENTS_ENABLE

指定されたルートタスクに関連付けられているすべての依存タスクを再帰的に再開します。

システム関数

SYSTEM$TYPEOF

式に関連付けられた SQL データ型を表す文字列を返します。

システム関数

SYSTEM$USER_TASK_CANCEL_ONGOING_EXECUTIONS

システムが既に処理を開始している、指定されたタスクの実行を中止します(つまり、 TASK_HISTORY 出力に EXECUTING 状態の実行)。

システム関数

SYSTEM$VERIFY_EXTERNAL_OAUTH_TOKEN

外部 OAuth アクセストークンが有効か、期限切れで再生成が必要かを決定します。

システム関数

SYSTEM$WAIT

続行する前に指定された時間待機します。

システム関数

SYSTEM$WHITELIST

ホスト名とポート番号を返し、ファイアウォールのホワイトリストに追加して、ファイアウォールの背後からSnowflakeにアクセスできるようにします。

システム関数

SYSTEM$WHITELIST_PRIVATELINK

AWS PrivateLink および Azure Private Link デプロイメントのホスト名とポート番号を返し、ファイアウォールのホワイトリストに追加して、ファイアウォールの背後からSnowflakeにアクセスできるようにします。

システム関数

T

TAN

引数のタンジェントを計算します。引数はラジアンで表現する必要があります。

数値関数

TANH

引数の双曲正接を計算します。

数値関数

TASK_DEPENDENTS

このテーブル関数は、単純なタスクツリー内の特定のルート(親)タスクの子 タスク のリストを返します。

情報スキーマテーブル関数

TASK_HISTORY

このテーブル関数は、指定した日付範囲内の タスク の使用履歴をクエリするために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

TIME_FROM_PARTS

個々の数値コンポーネントから時刻を作成します。

日付と時刻の関数

TIME_SLICE

時間の「スライス」の開始または終了を計算します。ここでのスライスの長さは標準的な時間単位(分、時間、日など)の倍数です。

日付と時刻の関数

TIMEADD

指定された日付または時刻部分の指定された値を日付、時刻、またはタイムスタンプに追加します。

日付と時刻の関数

TIMEDIFF

指定された日付または時刻の部分に基づいて、2つの日付、時刻、またはタイムスタンプ式の差を計算します。

日付と時刻の関数

TIMESTAMP_FROM_PARTS

個々の数値コンポーネントからタイムスタンプを作成します。

日付と時刻の関数

TIMESTAMPADD

指定された日付または時刻部分の指定された値を日付、時刻、またはタイムスタンプに追加します。

日付と時刻の関数

TIMESTAMPDIFF

指定された日付または時刻の部分に基づいて、2つの日付、時刻、またはタイムスタンプ式の差を計算します。

日付と時刻の関数

TO_ARRAY

入力式を配列に変換します。

変換関数半構造化データ関数

TO_BINARY

入力式をバイナリ値に変換します。

変換関数

TO_BOOLEAN

入力テキストまたは数値式をブール値に変換します。

変換関数

TO_CHAR , TO_VARCHAR

入力式を文字列に変換します。

変換関数

TO_DATE , DATE

入力式を日付に変換します。

変換関数日付と時刻の関数

TO_DECIMAL , TO_NUMBER , TO_NUMERIC

入力式を固定小数点数に変換します。

変換関数

TO_DOUBLE

式を倍精度浮動小数点数に変換します。

変換関数

TO_GEOGRAPHY

入力を解析し、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

地理空間関数変換関数

TO_JSON

VARIANT 値を、値の JSON 表現を含む文字列に変換します。

変換関数半構造化データ関数

TO_OBJECT

入力値をオブジェクトに変換します。

変換関数半構造化データ関数

TO_TIME , TIME

入力式を時刻に変換します。

変換関数日付と時刻の関数

TO_TIMESTAMP / TO_TIMESTAMP_*

入力式を対応するタイムスタンプに変換します。

変換関数日付と時刻の関数

TO_VARIANT

任意の値を VARIANT 値または NULL に変換します(入力が NULLの場合)。

変換関数

TO_XML

VARIANT 値を、値の XML 表現を含む文字列に変換します。

変換関数半構造化データ関数

TRANSLATE

ソースアルファベット の文字から サブジェクトターゲットアルファベット の文字に変換します。

文字列とバイナリ関数

TRIM

文字列から先頭と末尾の文字を削除します。

文字列とバイナリ関数

TRUNCATE , TRUNC

入力式を、ゼロに近い最も近い(または等しい)整数、または小数点以下の指定された桁数を持つ、最も近く等しいか小さい値に切り捨てます。

数値関数

TRUNC

日付、時刻、またはタイムスタンプを指定された部分で切り捨てます。

日付と時刻の関数

TRY_BASE64_DECODE_BINARY

デコード中にエラーが発生した場合に NULL 値を返す BASE64_DECODE_BINARY の特別なバージョンです。

文字列とバイナリ関数

TRY_BASE64_DECODE_STRING

デコード中にエラーが発生した場合に NULL 値を返す BASE64_DECODE_STRING の特別なバージョンです。

文字列とバイナリ関数

TRY_CAST

データ型変換のサブセットに使用できる CAST 、 :: の特別なバージョンです。

変換関数

TRY_HEX_DECODE_BINARY

デコード中にエラーが発生した場合に NULL 値を返す HEX_DECODE_BINARY の特別なバージョンです。

文字列とバイナリ関数

TRY_HEX_DECODE_STRING

デコード中にエラーが発生した場合に NULL 値を返す HEX_DECODE_STRING の特別なバージョンです。

文字列とバイナリ関数

TRY_PARSE_JSON

解析中にエラーが発生した場合に NULL 値を返す PARSE_JSON の特別なバージョンです。

半構造化データ関数

TRY_TO_BINARY

同じ操作を実行する(入力式をバイナリ値に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_BINARY の特別バージョンです。(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TRY_TO_BOOLEAN

同じ操作を実行する(入力式をブール値に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_BOOLEAN の特別バージョンです。(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TRY_TO_DATE

同じ操作を実行する(入力式を日付に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_DATE , DATE の特別バージョンです。(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TRY_TO_DECIMAL, TRY_TO_NUMBER, TRY_TO_NUMERIC

同じ操作を実行する(入力式を固定小数点数に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_DECIMAL , TO_NUMBER , TO_NUMERIC の特別バージョンです。(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TRY_TO_DOUBLE

同じ操作(つまり、入力式を倍精度浮動小数点数に変換)を実行する、 TO_DOUBLE の特別バージョンですが、エラー処理がサポートされています(つまり、変換を実行できない場合は、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返す)。

変換関数

TRY_TO_GEOGRAPHY

入力を解析し、 GEOGRAPHY 型の値を返します。

地理空間関数変換関数

TRY_TO_TIME

同じ操作を実行する(入力式を時刻に変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_TIME , TIME の特別バージョンです(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TRY_TO_TIMESTAMP / TRY_TO_TIMESTAMP_*

同じ操作を実行する(入力式をタイムスタンプに変換する)が、エラー処理がサポートされている TO_TIMESTAMP / TO_TIMESTAMP_* の特別バージョンです(つまり、変換を実行できない場合、エラーを発生させる代わりに NULL 値を返します)。

変換関数

TYPEOF

VARIANT 列に保存されている値の型を報告します。

半構造化データ関数

U

UNICODE

文字列内の最初のUnicode文字のUnicodeコードポイントを返します。

文字列とバイナリ関数

UNIFORM

包括的範囲[最小最大]で一様に乱数を返します。

データ生成関数

UPPER

入力文字列 のすべての文字を大文字に変換して返します。

文字列とバイナリ関数

UUID_STRING

バージョン4(ランダム)またはバージョン5(名前付き) RFC 4122準拠の UUID をフォーマットされた文字列として生成します。

文字列とバイナリ関数データ生成関数

V

VALIDATE

COPY INTO <テーブル> コマンドの過去の実行でロードされたファイルを検証し、最初のエラーだけでなくロード中に発生したすべてのエラーを返します。

テーブル関数

VALIDATE_PIPE_LOAD

このテーブル関数は、指定された時間範囲内で Snowpipe によって処理されたデータファイルを検証するために使用できます。

情報スキーマテーブル関数

VAR_POP

グループ内のNULL 以外のレコードの母分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

VAR_SAMP

グループ内のNULL 以外のレコードのサンプル分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

VARIANCE , VARIANCE_SAMP

グループ内のNULL 以外のレコードのサンプル分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

VARIANCE_POP

グループ内のNULL 以外のレコードの母分散を返します。

集計関数ウィンドウ関数

W

WAREHOUSE_LOAD_HISTORY

このテーブル関数を使用して、指定された日付範囲内の単一のウェアハウスの活動履歴(「クエリ負荷」として定義)をクエリできます。

情報スキーマテーブル関数

WAREHOUSE_METERING_HISTORY

このテーブル関数は、指定された日付範囲内の単一のウェアハウス(またはアカウント内のすべてのウェアハウス)の時間単位のクレジット使用状況を返すクエリで使用できます。

情報スキーマテーブル関数

WIDTH_BUCKET

等幅ヒストグラムを作成します。この場合、ヒストグラムの範囲は同じサイズの間隔に分割され、評価された後、式の値が含まれるバケット番号を返します。

ウィンドウ関数

X

XMLGET

タグの名前とそのインスタンス番号(0からカウント)によって、外側の XML 要素オブジェクトのコンテンツから XML 要素オブジェクト(単に「タグ」と呼ばれることが多い)を抽出します。

半構造化データ関数

Y

YEAR* / DAY* / WEEK* / MONTH / QUARTER

日付またはタイムスタンプから対応する日付部分を抽出します。

日付と時刻の関数

Z

ZEROIFNULL

引数がnullの場合、0を返します。それ以外の場合は引数を返します。

条件式関数

ZIPF

N 要素および特性指数 s のZipf分布整数を返します。

データ生成関数